あるブログより皇室と眞子さまと愛子さまを想う

Post's thumbnail

昨日、私が愛子さまについて学んでたところ、

愛子さまについてのあるブログで、旧皇族の男性をリストアップして

愛子さまをくっつけようとする動きがあるらしいと言う記事があり、

思わず「なんですと!?」と目が点になりました。

よくよく読むと、出て来る人達に突っ込みどころが多く、この人達は

全く皇室と眞子さまと愛子さまに対する敬愛の念がちっとも感じさせないのが見えました。

例えば、ある皇室制度の研究者のひとりは、

眞子さまの件では秋篠宮家の長女、眞子さまの結婚問題で、

皇室への敬愛の念は失われつつある、と話しています。

これに対して私は、

「待たんかい!いつみんなが眞子さまの結婚問題で皇室の敬愛の念を失いつつあると言った!?
私が知る限り、周りの人達が眞子さま達の事で胸を痛めて
何とかしてほしい!と思ってるのに、
何故これを敬愛の念が失いつつあると言えるのだろうか!」

と突っ込みました。

また、文面では(この件で)宮内庁への抗議の電話は殺到し、
職員は疲弊し切って
ある職員は、「秋篠宮家を支える皇嗣職への苦情ばかりだ」と話す。
とありますが、

いや、宮内庁の人間がそれを話したとしたら思い切り機密が漏れてるので、
普通はその宮内庁の人間に苦情が行きます。

秋篠宮家も皇室です

皇室を御守りする方が何かに毒されて公に発言された事実があれば、
懲戒ものではないでしょうか?

一方で、ブログには、

「愛子さまに昔ながらの皇室支持層は安心感を覚えるのだろう。

天皇家と眞子さまと愛子さまへの保守層の期待値は、高まっている。

いわゆる保守派層は

多いに期待してる」とあり、
日本の「伝統」や「古典」といった
皇室への相応しさを感じさせる言葉と共に
天皇家と愛子さまへの期待値は高まり、
「旧皇族が並ぶお相手リスト」の話しを
何度も出しているそうです。

恐らく、いわゆる保守派層達はこの先の事を考えた際、
「どうも愛子内親王が天皇になる気配が強い。
だが、男系(Y染色体)は何がなんでも残したい!
そうだ!結婚でまた男系を繋ごう!」
となったのではないでしょうか。

記事の最後にはある神社庁の関係者の
コメントで、そのまま載せると、こうのたまっていました。

「将来、女系につながりかねない女性宮家の創設は、認められない。
しかし、女性皇族の結婚相手を、男系男子につながる旧皇族に
限定すれば、男系は維持される。それならば、女性宮家を認めてもいい」と。

私は即座に突っ込みました。

いや、貴方様は何様ですか?
オレ様でしょうか!?


皇室より自分の方が偉いと思い込んでいるのでしょう。

この方達は本当に皇室と眞子さまと愛子さまの愛子さまの味方をしたいのでしょうか?

私には「俺達の言うことを聞け!!」と叫んでいるようにしか見えませんでした。

文責 神奈川のY

前の記事 
次の記事 

10 件のコメント

    ただし

    2021年6月1日

    貴方様は何様ですか?
    オレ様でしょうか?

    この言葉に尽きると思いました。
    どんだけツッコミ入れさせたいのか。
    笑えないのは、これがギャグじゃなくマジなところですね。

    愛知のT

    2021年5月27日

    このように、まるで皇族を将棋の駒のように扱う意見を言う「保守」と自分で仰る方達は、いったいどの立ち位置から発言しているのでしょうか?

    神話から続く皇室の伝統を尊重するような立場を取りながら、あろうことかその上から、まるで神の上の「神」の視座から発言しているように思えます。

    すなわち皇室を見下しています。

    不敬どころでは済まないのではないでしょうか?

    さんかく

    2021年5月27日

    なお、誰にとっても父は一人しかいません。その父の父も一人…ということは、ある始祖(=神武天皇)からの父系(男系)ラインはたった一本でしかない。「男系に固執」する以上、たとえば「明治天皇の娘」経由の「女系」は一切考慮してはならない、というのが「男系絶対主義」の論理的帰結です。だから、男系に固執する限り、旧宮家と今上陛下の共通始祖は伏見宮貞成親王まで遡らないとたどり着かないと考えるしかなく、女系を考慮するのは論理矛盾となります。

    さんかく

    2021年5月27日

    今上陛下と「旧宮家」当代当主の男系(父系)共通始祖は、今から600年も前の伏見宮貞成(さだふさ)親王にまで遡らないとたどり着けません。彼から今上陛下と旧宮家当代当主までは各々約20代下るので、今上陛下と旧宮家は往復で約40親等も隔絶していることになります。これまでの「傍系」承継最高記録は25代武烈→26代継体への10親等です。10親等でもかなり隔たっていますが(ちなみに現民法で親族とされるのは6親等以内です)、それを遥かに上回る40親等は、史上例を見ない空前絶後の「大ジャンプ」です。ところで人はみな父と母から半分ずつの遺伝子を引き継ぎます。なので、一親等ごとに遺伝子の共通性は半分ずつ減っていくとみることができます。そうすると40親等隔絶すると、単純計算で両者の遺伝子の共通性は「2の40乗(約1兆)分の1」でしかありません。世界の男性の人口が50億ですから、今上陛下と旧宮家は事実上「まっかっかな赤の他人」と言ってよいです。しかも、系図が正しい、という保証もありません。旧宮家は皇室ほど厳格な血統管理はなされていませんし。今上陛下と血の繋がりの濃い「直系子孫」を切り捨てて、旧宮家に皇位を継がせるなどナンセンスの極みです。

    さんかく

    2021年5月27日

    父の今上陛下、祖父の上皇陛下も、ご自分の意志で、皇族とは無関係の民間人の中からお妃を選ばれたのに、なぜ愛子さまは結婚相手をご自由に選べず、「旧皇族」から強制されるのですか?それこそ紛れもない「男女差別」ではありませんか。ここで出てくる「Y染色体」云々も謎。すでに8人(10代)も、Y染色体を持たない女性天皇が存在するのだから、「Y染色体」など天皇の条件なわけがないでしょう。しかも、「染色体」の存在など、初代の神武から123代の大正の御代まで、約2600年、世界の誰ひとり知らなかったのに、それをいきなり「伝統」だと言ってしまう人の厚顔無恥ぶりにも呆れます。

    ダダ

    2021年5月27日

    保守派(男系派)の言う「伝統」って、ただの願望ですよね。
    皇室を支配下に置こうとする言動には怒りが込み上げてきます!

    楽進

    2021年5月26日

    やっぱり神社庁なのだなと、この皇室に対する態度は、私にとっては、悪の組織か何かと思ってしまう。
    神社庁は早く、思い上がった態度を改めて欲しい。
    でないと、神社境内に漂う空気が、何か淀んでいるような気がして、すがすがしい気持ちで参拝することが出来ない。
    実際していませんが。

    基礎医学研究者

    2021年5月26日

    貴重な情報ありがとうございました。たぶん、この方々。「男系」ということが、「ドグマ」になっているのでしょうね(それが、よしりん先生の言われる「Y染色体信奉」につながるのでしょうね)。でも、これは、日本の歴史・伝統に全然沿っていないと、再認識した所存です。

    なのフェイ

    2021年5月26日

    エゴだよそれは。

    ねこまる

    2021年5月26日

    この方達は自分が「ブリーダー的発言」をしている自覚が無いのでしょう。
    控えめに言って「サイテー」ですね。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。