愛子さまと3つの美しさについて

Post's thumbnail

昔読んだ本に「美には3種類ある」と書いてありました。曰く

「生き生きとした生命力による美」
「キリッとした知性による美」
「ニッコリとした慈愛による美」

子供心に「美しさは男女関係無く内面に宿るのだな」 とても納得しました。

今、これを愛子さまに当てはめて考えてみます。

激やせを克服し健康的な大学生となられた愛子さま
IQが高く、東大を狙えた愛子さま
去り行く愛馬にお忍びで会いに行く愛子さま

なんと、我が国唯一の皇女殿下は、3つの美を全て兼ねそえていらっしゃる。
なんと素晴らしいことでしょう。
でも、そんな愛子さまでも現在のルールでは皇太子になれない。その先の、国民の象徴にも当然なれない。それどころか、ご結婚すれは皇室を離脱してしまうのです。
これは正に「国家の損失」ではないでしょうか?

これを防ぐためにも、皇室典範改正のために声をあげていきたいと思います。

(Twitterより)文責 埼玉県 ねこやま

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    ろく

    2021年6月9日

    愛子さまを皇太子に!!是非に実現していきましょう!
    一刻も早く!
    皆さんで、いろいろな有効と思われる人々、機関、大きな集団、思いつく限りの影響力のある人、集団に訴えていきましょう!真っ当な主張だということの理由をきちんとつけて。
    皆さん、頑張りましょう!愛子さまを皇太子に、女系天皇を可能に!憲法違反にならない天皇制に!女性宮家を創設して眞子さま、小室さんがお幸せになられますように!!
    頑張りましょう!

    ただし

    2021年6月8日

    『3つの美』いいお話ですね☆♪

    愛子さまからは、内面から溢れ出す美、まさに、キラキラと輝く美を感じます。

    基礎医学研究者

    2021年6月8日

     共感を持って読ませていただきました。3つの美、確かにねこやま様の言う通りかと思います。それで、結論についてもおっしゃられる通りで、まさしく「国家の損失」だと自分も思います。ですので、皇室典範を本来の日本における歴史・伝統に沿って改定し、愛子様を皇太子に!

    ダダ

    2021年6月8日

    3つの美、共感できます!
    岡本太郎の「ゴッホは美しい。しかしきれいではない。ピカソは美しい。しかし決してきれいではない」を思い出しました。
    愛子さまの意志を尊重しますが、私は愛子さまを象徴天皇とする日本に生きたいです!
    投稿ありがとうございました。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。