国民の出番がやってきた

Post's thumbnail

 6月7日で皇位継承に関する有識者会議のヒアリングが終了し、論点整理のための作業へと次回から入ることとなりました。


そして、7月にも皇位継承に関する国会報告を行うとのニュースも出てきました。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060700902&g=pol
時事ドットコムニュース  「皇位継承」7月にも国会報告 論点整理で方向性出さず―政府

 しかし、一方でその報告書には直系長子継承、女性宮家の方向性を提示しないともあります。


 ならば、我々国民の代表である国会で直系長子継承、女性宮家を提示せねばなりません。

そして、その時がやってこようとしています。


 そして、政府が報告書を手渡そうとしているのは大島理森、山東昭子衆参両院議長だといいます。


 大島衆院議長は、上皇陛下の生前退位のとき大いに力になってくれた方です。


 当初、内密に専門家へのヒアリングで済ませ議論をしようとしなかった政府。

そんな政府に有識者会議を設置させ、国会を巻き込んだ議論にまで発展させることができました。


 もう、先送りなんてさせません!!

直系長子継承、愛子皇太子実現に向けて声を国会へ!



 文責 山梨県 JACKER

前の記事 
次の記事 

12 件のコメント

    くりんぐ

    2021年6月11日

    男系固執派は、悠仁さまが早く結婚してたくさん子供を産んでくれる、という都合のいい妄想をまだ信じています。
    男系固執派は、皇后さまを「男子に恵まれない」というだけで、卑劣なバッシングを繰り返してきました。そのために適応障害になられた皇后さまは、今も療養中の身の上です。
    悠仁さまのご結婚相手にも、同じ仕打ちを繰り返すでしょう。
    悠仁さまは歳の離れた末っ子として、ご家族の愛を一身に受けて育たれています。心から愛する方と出会われても、今のままでは、その方を不幸にしないためにご結婚を断念されてしまうでしょう。

    女性宮家創設、女性・女系天皇へ道が開かれないかぎり、悠仁さまの幸せも、皇位の安定継承も実現しません。
    皇族方の幸せのためにも、女性宮家創設を、皇位の直系長子優先の双系継承を、国民の力で実現させましょう!

    さんかく

    2021年6月11日

    Y染色体についてもうちょっと。「Y染色体は他の染色体と違い交叉しない、だから男系男子は神武天皇のY染色体をそのまま引き継いでいる」という議論。最近の研究では「男子の中でY染色体はX染色体と交叉を行う(こともある)」らしい。まあ、以下では「Y染色体の基本的部分は交叉を起こさない」と仮定する。

    神武天皇の時代、つまり今から約2700年前(紀元前600年)の世界人口は百万人ほどだったという。単純計算で男子はその半分の50万人。で、今の世界男子人口は、ブルゾンちえみさんによれば(笑 約50億人。今の地球上の男子はすべて、2700年前の男子誰かの子孫なのだから、単純計算で、神武天皇のY染色体を引き継いだ現存の男子は「1万人」いることになります。しかも、天皇家は何人もの正室、側室を抱え、他の男に比べれば圧倒的に「後世に遺伝子を伝えるのに有利」なのだから、おそらく「1万人を遥かに超える男子」が、神武天皇と同じ(由来の)Y染色体を持っていると言えます。

    「1万人以上の男子が持つY染色体」の一体どこがありがたいのでしょうか?これに対して、(神武天皇の直系子孫である)今上陛下の直系子孫は世界でたった一人。後者、つまり愛子さまのほうが圧倒的に貴重でありがたくないですか?

    さんかく

    2021年6月11日

    「近代医学で男系を維持」という人ほど、「医学(遺伝学)」を知りません。
    少し前まで喧伝されてた「Y染色体論」、さすがにトンデモ過ぎて下火でしょうか?(笑
    ヒトの持つ46染色体のうち最小クラスのY染色体の持つ遺伝子は、78(全染色体中最少)と言われています。この数には争いもありますが、概ね100未満なのは間違いありません。
    ヒトの持つ遺伝子総数は約2万と言われてるので、Y染色体の持つ遺伝子は、全体のたった0.4%(100としても0.5%)。逆に言えば、99.6%の遺伝子は男女共通のものです。
    Y染色体の機能はほぼ「男性決定」のみ。46染色体の中で唯一、「無くても生存できる」染色体です(Xを一つしか持たないヒトは女性になります)

    こんな「どうでもいい」Y染色体が「皇室の伝統」なわけないですね。これまでにY染色体を持たない女性天皇が8人10代もいたのですから、「Y染色体」が天皇の必須条件でないことは明らかです。その上、初代神武から123代大正天皇の御代までほぼ2600年、世界の誰も知らなかった(存在が知られるようになってたった100年ほどの)DNA(染色体)が「皇室の伝統」だとは、さすがに無理がありすぎます。

    だいき たけひろ

    2021年6月9日

    大政奉還もとい、皇室典範の奉還を

    楽進

    2021年6月9日

    なんで、先送りにすると端から考えているにも関わらず、安定的な皇位継承の在り方を議論しなきゃならないのか、良く分からない。
    結論出てるのに。
    男大好き!男系大好き!、と云う考え方さえ皇室典範から抜いてしまえばすむ話でしょう。
    正直、愛子さまを天皇として担ぐものと、何処かから皇統の男系男子と云うだけで連れて来た一般人を担ぐものとで、国を二分する戦いを始めたい様にしか見えませんが、その場合、愛子さまを天皇として担いでいる方(我々)が確実に勝利し、国家の実権を握ることが出来ますが、三国志の読み過ぎで、すいません。

    さんかく

    2021年6月9日

    近代医学(遺伝学)の見地からは「ヒトの子どもは、父と母から半分ずつ遺伝子を引き継ぐ」「父由来であっても母由来であっても、遺伝子になんの変わりもない」よって、「男系・女系の区別はナンセンス」という結論になります。世襲制の根拠である血統において意味のある基準は(血統の繋がり方を示す)「直系・傍系の別」と(血統の濃さを示す)「親等(数)」の2つだけ。そんなナンセンスの極みである「男系」というファンタジーを維持するために、こともあろうに「近代医学」の手を借りようという、これ以上ないパラドックスであり激しいジョークです。
    この今谷発言を受け「皇族方を家畜扱いしている」というツイートもありましたが、血統が何よりも重視される競走馬のサラブレッドですら、繁殖方法は「自然繁殖」に限られ、冷凍精子・卵子を用いた人工授精や借り腹、それに雌雄産み分けは厳重に禁止されており、男系固執者の目から見た皇族方は、なんと「馬」未満です。

    まー

    2021年6月9日

    「先送りであれば支持しません!」
    首相Twitterにそう送りました。

    ダダ

    2021年6月8日

    有識者会議の報告書に、安定的な皇位継承や女性宮家の方針についての記述がなければ特例法の付帯決議を無視しているし、本会議の根拠が無くなりますよね。

    皇族が0人になるまで先送りする気でしょうか。
    そこに、皇室と日本国への愛はありません。恥を知れと申し上げます。

    ただし

    2021年6月8日

    国会での議論を後押しするべく、声を、最大限にあげていきましょう!
    もう、今しかありません!

    ☆愛子さまを皇太子に!☆

    基礎医学研究者

    2021年6月8日

    いつもながら、貴重な情報ありがとうございます。さて、JACKERの文面にあります、「しかし、一方でその報告書には直系長子継承、女性宮家の方向性を提示しないともあります」。え、なぜ?というのが、正直な感想です。この有識者会議の意見徴収の結論は、上記の2つが必須というところからスタートせよ!としか読めないと思うのですが。一回「ドグマ」ができてしまうと、そこから抜け出すのは、なかなか難しいということになるのでしょうか?
     しかし、そんなはずはないので、なんとか熱量を国会へ!

    かっしー

    2021年6月8日

    もう、女系だのなんだのと言い合っていること自体がナンセンス。そもそももう男系・女系という区別自体もともとなかったってことは、古代史を研究している人にとって明々白々。
    例えば、義江明子氏『女帝の古代王権史』や武澤秀一氏『持統天皇と男系継承の起源』などで詳しく叙述されている。
    男系が伝統だとかいってるけど、その時々の政治状況(藤原氏の台頭とか、明治憲法制定時の思惑とか)の結果、形成されたにすぎないもの。
    男系継承が唯一の普遍的なルールのように語る人もいるけど、そんな単純な原理で千年以上続いてきたわけがない。千年の間にいろいろ変わるのが人間社会の常識。男系継承が普遍的なルールだという人は、自己冒涜しているに過ぎない。
    とにかく、さっさと愛子さまを皇太子にできる制度にかえるべき。天皇陛下や雅子様の立つ瀬がなくなるではないですか。

    のりたま

    2021年6月8日

    ニュースによれば、なんと「近代医学の力で男子出生を」などという意見が出たそうです。???
    何て男尊女卑&厚顔無恥な意見でしょう。哀しいですね。
    一日も早く、愛子皇太子の実現をお祈りします。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。