大番狂わせをおこせ

Post's thumbnail

 下記のニュースを見つけました。

加藤氏、女系天皇も憲法上は容認 皇室典範は男系男子に限定
https://news.yahoo.co.jp/articles/a4403b45bb8da76e9c42043a43dd720051fe556b

 このニュースによると、加藤官房長官は 女系天皇は憲法上は認められる という見解を示し、旧宮家の人たちへの意思確認もしていない とのことでした。
 そして先日の有識者会議でも、一人で女系天皇に反対していたヒアリング対象者がいましたが、その人物も”必要なときには可”と女性天皇に対しては 完全否定ではありませんでした。

女系天皇に前向き意見 皇位継承策の専門家聴取
https://news.yahoo.co.jp/articles/e5e5fa1edae5b80e539557b7ec5adc8d8ebca88e

 これらのことを思うと、とうとうここまでやることが出来たのかという気持ちになります。

 愛子さまをはじめとする女性皇族が 天皇・皇太子になる事に 賛成する国民が圧倒的多数でありながら、安倍・菅両政権を支える男系派という”コアなファン”にそれを阻まれてきたこと(男系派はごく少数でありますが、政治力が非常に高く声も大きい)、それによる政権の議論の先延ばし、そしてこのコロナ禍・・・・・。

 数多くのハンデ、影響力の強さの違いを持ちながらここまで政府を押すことができました。 

 もちろん、これを大健闘で終わらせるだけでは駄目です。
 直系長子継承を実現させなくてはOKとはいえません。

 その為のチャンスがめぐってきました。

 このチャンスを皆様と共にものにしていきたいと思っています。

 文責 山梨県 JACKER

前の記事 
次の記事 

9 件のコメント

    さんかく

    2021年6月5日

    日本史上でも屈指のクーデター事件「壬申の乱」では、先代天智天皇の弟の大海人皇子(天武天皇)が、天智天皇の子供の(本来は天皇となるべき)大友皇子(明治時代に弘文天皇と追号)を死に追い込み、天皇の座につきます。しかし、結局、天武天皇の血統は断絶し、天智天皇の血統が現皇室へと続いているのです。天網恢恢疎にして漏らさず(てんもうかいかいそにしてもらさず)とはこの事を言うのでしょう。

    さんかく

    2021年6月5日

    愛子さまの皇太子即位は「大番狂わせ」ではありません。今上陛下の直系子孫が皇位を継ぐのは「ごくごく当たり前」なのです。
    むしろ、男系固執者のほうが嘘八百と無理に無理を重ねて「一発大逆転」を狙っているだけの話です。

    まー

    2021年6月5日

    ボーカルマジョリティとして、都度意見表明しておく必要がありますね。
    私は首相Twitterアカウントに、支持を表明しました。
    @sugawitter をつけてツイートしています。

    ただし

    2021年6月4日

    絶対に、逃さないようにいたしましょう!!
    愛子さまを皇太子に☆☆☆

    基礎医学研究者

    2021年6月4日

     私もダダ様と同様の感想で、国民の大体数は、確実に”女性・女系天皇”を支持しているのだと思います。そしてその第一歩として。。。愛子さまを皇太子に!

    ねこまる

    2021年6月4日

    結局決めるのは政治家。
    だから女性宮家誕生や愛子さまが皇太子となられれば「歴史に名を残せる」という事を彼らに訴えていく事も必要だと思います。そのためにも声をあげましょう。

    楽進

    2021年6月4日

    政治家は、最後の最後に腰が引けると云うことがあるので、声の大きな奴等に負けることなく、後世の日本人が、天皇、皇室が存在していることの幸せを感じてもらう為にも、皇室典範改正にまで進めていってもらいたいです。

    京都のS

    2021年6月4日

     右派の男系絶対論の間違いを正し、女性天皇・女系天皇を認めるところまで押し返したら、今度は左派が元気になってきました。左派は眞子様と小室氏との結婚は認めないという搦手(即位された愛子様に婿入りする男子が居なくなるように)から攻撃しています。国民に正常な尊皇心が根付くのはいつのことなのでしょうか…。

    ダダ

    2021年6月4日

    世論は間違いなく、女性・女系天皇を支持しています。
    即ち、愛子さまを皇太子に!
    私たちで皇位継承問題に決着を付けましょう!!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。