I Vow to Thee My Country

Post's thumbnail

”I vow to thee, my country, all earthly things above,


Entire and whole and perfect, the service of my love;


The love that asks no question, the love that stands the test,

That lays upon the altar the dearest and the best;


The love that never falters, the love that pays the price,


The love that makes undaunted the final sacrifice.

(日本語訳)
我は汝に誓う、我が祖国よ、地上の一切の物の上なる、


あまねく、完全無欠のものよ、我が愛の仕えるものよ。


何も問わない愛、試練に耐える愛、


それは最愛にして最良のものをも祭壇に差し出されるもの、


怖気づかない愛、贖う愛、


すなわち、究極の犠牲にさえ怖気つかない愛。

 この歌詞は、イギリスの有名な愛国歌”I Vow to Thee My Country”の1番のものです。

ホルストの”ジュピター”のメロディに合わせて歌われます。(日本では平原綾香さんの曲としても有名ですね。)

かの有名なイギリスのダイアナ王妃も大好きな歌で、彼女のお葬式にも演奏されました。


 この歌はイギリスの愛国歌ですが、この日本においてこの歌を流すのにもっともふさわしい方は誰でしょうか?


 それは、紛れも無く天皇陛下、愛子さまをはじめとする皇室の皆様でしょう。

特に3.11の時の上皇陛下の被災地への訪問は記憶に新しいでしょう。

戦前の宮中某大事件、戦後の上皇后陛下、雅子さま、そして小室さんといった皇族の結婚相手へのバッシングといっ

た”試練”に苦しみ耐えながらも”何も問わない愛”をこの日本と日本国民に与えて下さいました。

 その”試練”に耐えて”何も問わない愛”を与えてくださってきた皇室の皆様のためにも女系・女性天皇、女性宮家が創設されるときが来ました。


 そして、男尊女卑によって愛子さまとはじめとする女性皇族が女性というだけで天皇になれない、宮家の当主になれない、

皇族の結婚相手をバッシングするという現状にピリオドが打たれる時が来ました。


 現在開かれている、皇位継承に関する有識者会議でも直系長子による皇位継承の重要性が問われています。


 今度は、我々が皇室、そして日本国とその祖先、先輩、後輩に対して”愛”を示す番です。

 参考文献

高森明勅公式ブログ  https://www.a-takamori.com/blog 
 WIKIPEDIA 「我は汝に誓う、我が祖国よ」
* 文中の歌詞、日本語訳はこちらから抜粋しました。

文責 山梨県 JACKER

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    さんかく

    2021年6月20日

    全然本筋とは関係ないのですが、この歌、”World in Union”という別の歌詞がついて、ラグビーW杯のテーマソングにもなっているのでややこしい(笑 英国の愛国歌といえば、毎夏のBBCプロムナード・コンサート(プロムス)のラストに演奏されるエルガー作曲の「威風堂々第一番」(Pomp and Circumstance)も有名ですよね。こちらには”Land Of Hope And Glory”というタイトルと歌詞がついています。

    ただし

    2021年6月17日

    “愛”を示しましょう☆ まさしく、我々の番ですね!

    ダダ

    2021年6月13日

    国民の側から今一度、誓いましょう!
    千代に八千代に皇室を支えると!!

    基礎医学研究者

    2021年6月13日

    ”The love that makes undaunted the final sacrifice” It’s very impressive. As JACKER san says, I think that the most suitable person for “this lyrics” in Japan is the “Imperial(皇室)” people. And to respond to this agape(無償の愛), we should show our love to the “皇室”, which carries the history and traditions of Japan. So, ”愛子様を皇太子に!”。

    楽進

    2021年6月13日

    愛だなぁ
    自分でも、天皇、皇族方、その方々に携わり死んでいった方々に対する心持ちは、確実に愛だと思っています。
    この感覚は、男系絶対と叫いている人民達には無いだろうなぁ、きっと愛なんて要らない、と叫ぶよなぁ。

    腹の底から思うけど、愛子さまが皇太子になられることが、一番自然ですよ。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。