謹んで、陛下に申し上げます

Post's thumbnail


梅雨寒の折、陛下におかれましては、
ますますご健勝のことと心よりお慶び申し上げます。


昨日の宮内庁記者会見で、西村長官が
陛下のご懸念を拝察申し上げる発言をされました。

陛下の日頃のお言葉や、
当会見のやり取りから、
その拝察は陛下の御意を
呈しているものと解しております。

陛下にご心配をおかけしただけでなく、
両陛下ならびに愛子内親王殿下の、
公私にわたるご活動に多大な支障を
生じさせてしまっていることを、
大変申し訳なく思います。


この度の感染症においては、
幸い国内での感染被害は軽微であります。

にもかかわらず、国民の間で感染への
忌避感が根強いのは、 連日の報道により
絶えず恐怖心を植え付けられ、
冷静に状況を判断できなくなって
しまっていることに他なりません。

昨年からの感染状況を鑑みるに、
従来の感染症対策を注意深く
行うことで十分に対処可能と考えられます。

国民も、不安と言いつつ
外出するようになり、
一時に比べ街中の活況は戻りつつあります。


その一方で、これまでの休業・
時短営業の繰り返しで経済は疲弊し、
非正規雇用の失業が増え、
特に女性がその煽りを受けております。

また、新型コロナ感染自体の
影響がほとんどない子供たちにも、
自粛生活による精神的な影響は深刻で、
高校生の3割にうつ症状が
みられると報じられております。

少子高齢化が進む我が国において、
本来なら増加することが自然で
あるはずの超過死亡者数が減少に転じ、
逆に女性や子供たちの
自殺が激増しております。

こうしたことから、いま必要なのは、
感染拡大防止対策よりも、
それにより追い詰められている
人々を救うことであると存じます。


東京五輪・パラリンピックは、
そうした人達、特に子供たちに
夢を与え、生きる希望を見出させる
絶好の機会であります。

白血病を克服した池江璃花子選手や、
うつ症状からの復活を期す
大坂なおみ選手をはじめとする
アスリートたちの活躍は、
きっと日本中を明るくしてくれることでしょう。


スポーツが人々に与える喜びは、
万国共通のものであります。

深刻な感染被害が生じている
海外でさえ、
テニスのウィンブルドン大会は、
通常の50%収容(決勝は100%収容)
で有観客開催が実施されます。

また、現在開催中の
サッカーEURO2020大会も観客を
入れて開催されており、
準決勝・決勝戦は6万人以上を
入れることが発表されました。

感染対策に留意しつつ、
しかし過度に感染を恐れることなく、
できる限り自然な形でこの喜びを
分かち合うことが、今の日本には
必要であると存じます。


畏れながら、陛下におかれましては、
どうかご安心の上、名誉総裁としての
お役目に臨まれることを、
衷心よりお願い申し上げます。

同時に、私は一国民として、
陛下のご懸念を払拭すべく、

日本本来の常識的感覚に基づき、
国民から不安を取り払い、
弱者への思いやりを蘇らせ、

生きる力を取り戻させることを、
ここにお誓い申し上げます。


文責:静岡県 L.K (「愛子さま 皇太子への道」実行責任者)

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    ただし

    2021年6月28日

    とても心にしみる、素晴らしい文章でした。
    どうか、陛下に、この想いが伝わりますよう、心よりお祈りいたします。

    基礎医学研究者

    2021年6月25日

     素晴らしいメッセージでございました、これが率直なコメントでございます(おそらく感覚的には、ねこまる様に近いだろうと)。また、僭越ながら今回においては、政府側の加藤官房長官の見解の方を支持致します。そして、原典確認はやはり重要であり、陛下がそのような見解であるのならば、五輪を盛り上げるということを、支持するものです。

    なのフェイ

    2021年6月25日

    陛下は、シラスのお方です。インフルエンザ以下、だがしかしインフルエンザは恐いです❗子供を殺すからです❗何でこれで、陛下の事がTVに出れるのが、嘆かわしいです❗自分も、コロナは、インフルエンザと比べれば、大したことはないと、発信します❗❗❗

    ねこまる

    2021年6月25日

    ありがとうございます。
    思っていた事をすべて書いて頂けました。
    陛下のお心を煩わせて国民として情けなく思っていたのですが、五輪を盛り上げて少しでも明るい風を吹かせられるように努力したいと思いました。

    ダダ

    2021年6月25日

    報道内容を確認しましたが、天皇陛下の発言が切り取られて利用されていると感じます。
    長くなりますが、日本学士院の授賞式でのお言葉を引用します。
    「現在、我が国を含め世界各国は新型コロナウイルス感染症の感染拡大という大変に厳しい試練に直面しています。(中略)新型コロナウイルス感染症の問題は、単に医学の問題にとどまらず、経済や社会の在り方にも広く関わる課題を私たちに提起しました。(中略)このような試練に世界が直面している今こそ、医学を始め、自然科学、人文社会科学の学問諸分野の叡智を結集し、世界の人々が互いに力を合わせることにより、この困難な状況を乗り越え、希望に満ちた未来を築いていくことを期待します」

    陛下が、テレビで重宝されている専門家とは別次元の視点を持ち合わせていることが分かりますよね。
    まさに公の体現者です。陛下の在り方から、私たちは本来あるべき態度を取り戻すべきです。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。