投薬しながら、愛子さまのことを考える。

Post's thumbnail

ただいま夜勤をしています。

患者さんに夕食後の薬、寝る前の薬を配ります。

与薬に関して5R というのがあります。

R は Right(正しい)の略です

① Right・Patient(正しい患者)

② Right・Drug(正しい薬剤)

③ Right・Dose(正しい量)

④ Right・Route(正しい経路)

⑤ Right・Time(正しい時間)

他の患者さんへ与薬してしまうと事故になってしまうので

上記の部分に注意して内服や点滴を行っています。

投薬しながら皇位継承の R って何だろうと考えたところ

直系長子継承だと改めて思いました。

ここを間違えると日本の重大な事故になってしまいます

薬剤の確認を慎重に行うときには、何人かの目でチェックをします

私たちの、日本の根幹がどうなるのかを

愛子さまが皇太子になられる日まで

1人ひとりが注意し決定していかなくてはと強く感じました。

文責 群馬のT

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    ただし

    2021年7月6日

    投薬に倣って考えてみて、事の重大さに改めて気付かされた思いです。
    直系長子継承というRを間違えてしまうと、日本という国に、取り返しのつかない薬害を残してしまう気が致しました。
    気付かせて頂き、感謝致します。

    チコリ

    2021年7月4日

    愛子さまが皇太子になられる日まで、本当にそうですね。
    諦めてはいけない、感謝致します。

    基礎医学研究者

    2021年6月30日

     現場感覚のご意見、非常に共感できました。我々研究業界でも、実験動物を扱う上で、3Rの原則(*)というものがありまして、動物愛護に注意を払っております(今回の群馬のT様のブログで、このことをremndさせられました)。閑話休題。
    皇位継承のR、なかなかうまい表現だと思いましたが、「直系長子優先」というのは、まさに歴史・伝統的に形成されたものだと、自分も思います。

    Replacement(代替)・・・動物を使わない他の方法(培養細胞など)が使える場合には、その方法で科学的データを得ていく。
    Reduction(削減)・・・できる限り、実験に供する動物の数を少なくするような、実験計画を立案する(これは、統計学的な数学予測を用いることを意味する)
    Refinement(改善))・・・実験に使用する動物に苦痛を与えないように、配慮する。

    ねこまる

    2021年6月30日

    自分もそう思います。
    正しき継承は直系長子。
    今上天皇の子供は愛子さまお一人なのに、皇太子になれないのは正しくありません。

    ダダ

    2021年6月30日

    医療現場の勉強になりました^^ 複数人でチェックしているのですね。
    いまの有識者会議は間違いだらけですね。
    ・現在の皇位継承順位を維持する。 → 皇太子がおかれたら継承順位は制度上変動する。これは当然のことと皇室も理解しているので、清家座長が懸念している皇室制度の動揺や混乱は起きない。
    ・旧皇族の皇籍復帰(取得) → 政府が検討していない。直系の愛子さまを無視できるほどの正当性がない。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。