聖火リレーより愛子さまを想う

Post's thumbnail

前月8日 秋田県の湯沢市で聖火リレーが始まりました。

( https://www.toonippo.co.jp/articles/-/542526 )

この記事によると

秋田での第1走者は湯沢市出身のオペラ歌手の中鉢聡さんでした。

中鉢さんは「もっと走っていたかった。(聖火リレーを通じて)日本中が明るくなれば」

と語ったそうです。

このお話を聞いて自分も中鉢さんのように身の周りの人に明るくなってもらいたいなあと思いました。 それから、世の中の人に明るく元気になってもらう方法は何かと

考えた時、

明るい笑顔の素敵な愛子さまが皇太子になってくれたらなあと思います。

ですが、現在の皇室典範では男系男子にのみ皇位の継承ができ、

天皇陛下のご長子の愛子さまが女性という理由だけで皇位を継ぐことができません。

愛子さまがお父様である陛下の後を継ぎたいと思っても継ぐことができないのです。

このままでは、世の中が不公平で、多くの女性が

「社会の頂点に立ちたいけど天皇陛下のお子様の愛子さまでも陛下の後を継ぐことができないなら社会の頂点の多くは

男性のままでもいいか」と思ってしまい、上を目指す女性が増えない、

女性ならではの意見が世の中に浸透しづらいために

日本が明るくなく、元気もない原因になるのではないかと想像できます。

以上のような状況を打破するために

皆さんの身近な人たちへ聖火リレーのように

愛子さまが皇太子になられるように

皇室典範の改正を1人1人が声を出してつないでいきましょう!

文責 秋田のタカ

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    ただし

    2021年7月7日

    日本中が明るくなるには、理不尽で不公平な状況を変える必要がありますね☆♪ 不公平なままなら、諦めてしまう人が多くなることは、想像に難くない。
    明るい笑顔の素敵な愛子さまが皇太子になられる=不公平な状況が改善されて、多くの女性を初めとする国民が明るい笑顔になる☆♪
    実現させましょう。
    愛子さまを皇太子に!

    チコリ

    2021年7月4日

    諦めてはいけない、
    改めて、心に誓います。

    ダダ

    2021年7月4日

    愛子さまが女性という理由だけで天皇になれず、皇室を離れることになった時、日本国内・国際社会に与える、マイナスな影響は計り知れません。
    愛子さまが皇太子となられる日まで声を上げていきましょう!

    楽進

    2021年7月3日

    まずは身近な人達に、皇室典範改正の声をつないでいくこと、理解されないと思わずに、少しずつでも声を出していかないと始まらない、と理解しました。
    愛子さまが皇太子になられていない事が、皇太子不在と云う結果を引き起こしていること、このままだと、聖火リレーのように歴史の縦軸で繋がっていた天皇、皇室の火も消えるのだと、出来る限りですが、声をあげ続けたいと思います。

    基礎医学研究者

    2021年7月3日

     興味深く読ませていただきました。その通りかと思います。特に、最後の一文、”皇室典範の改正を1人1人が声を出してつないでいきましょう!”というのは、重要な激励がと思います。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。