これからが本当の勝負やろ

Post's thumbnail

「ん?弱いに決まっているやろ。でもここまでようやっているやんか。これからが本当の勝負やろ。」
 これは、2008年のプロ野球シーズンにおいて当時阪神タイガースの金本知憲選手が言った言葉です。


 この年は、巨人・阪神が熾烈な優勝争いを繰り広げたのですがシーズン開幕前、巨人はヤクルトからラミレス選手、グライシンガー選手、横浜からクルーン選手といった当時の最強外国人選手と呼ばれた選手を補強したのに対し阪神は広島から新井貴浩選手を補強したのみで大した補強をしていませんでした。

でもシーズンが始まると阪神が巨人に一時は13ゲーム差をつけるなど巨人を追い詰めますが8月・9月になると巨人に挽回をされゲーム差を縮められていました。その中で、金本選手がチームや選手を元気づけるために言い放った言葉です。


 今の皇位継承に関する議論も同様です。このサイトをご覧になっている皆様も考えてみてください。


 当初、政府は皇位継承の議論に関しては明らかに消極的で内密での専門家からのヒアリングで済ませようとしていました。しかも、安倍前政権、菅政権を支える男系派というコアなファンの存在。今のコロナ禍、野党の弱体化などの数多くのハンデ。


 そもそも、皇位継承問題に関心をもつ国会議員の方の数も決して多いとは今もはっきり言って言えません。


 それでも、少数の尊皇心ある国会議員の皆さんや知識人の皆さんがここまで頑張ってくれたからこそ政府による有識者会議の設置、国会への議論の発展をおこすことができました。


 私たち一人ひとりには、はっきり言って男系派のような政治への影響力はありません。しかし、一人ひとりがはっきりと自分の意思を示せば生前退位のように皇族の皆様の願いをかなえることができるんです。


 今度は、愛子皇太子を女性宮家を皆さんと共に見たい

そう思っています。


 
 文責 山梨県 JACKER

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    ただし

    2021年7月14日

    皆さまと一緒に、愛子皇太子と女性宮家を目にしましょう! これからが勝負ですね!

    小新斜馬

    2021年7月9日

    オウ!志は同じ。とりあえず賛意をと。

    基礎医学研究者

    2021年7月8日

     心に響きました。素晴らしい提言かと思います。まさに、これぞ”合体ロボ主義”であり、厄介な「ニヒリズム」に唯一対抗できる”術”なのかもしれません(JACKER様のブログを見て、そのように思った次第でございます)。

    ダダ

    2021年7月8日

    有識者会議は、前進するどころか後退しましたよね。
    逆境上等!
    ここからが本番!!
    みんなで闘いましょう!!!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。