公園で、愛子さまを想う

Post's thumbnail

私の息子は

ブランコがうまくこげません。

膝の使い方、足の振り方がよくわからないようで、

すぐ止まってしまいます。

保育園が終わると公園でブランコの練習を行います。

先日公園に行くと、

小学生の女子2人(地域のお祭りで顔馴染み)が、

大きくブランコをこいでいるところでした。

私が小学生に

「息子にブランコの乗りかた教えてもらえるかな?」

と問うと。

「いいよ〜!」

と、2人で乗りかたを教えてくれました。

とてもありがたかったです。

とても小さい公園での話ですが、

近い年代での繋がりは

他に代え難い経験になると考えていますし、実体験でもあります。

私たちの君主になられる愛子さま、学生の皆さまに、

要らぬ心配と制限を与えてタテ・ヨコの繋がりを薄くしてしまっているのは

私たち大人の責任です。

愛子さま、学生の皆さまに

限りある学生生活を思い切り楽しんでいただけるよう

私たち大人が社会を元に戻して行かないとと、

改めて強く感じました。

文責 群馬県 ふぇい

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    のりたま

    2021年7月15日

    素敵なエピソードですね。
    やはり、人間は繋がっていかなければいけません。今のように分断されてしまえば、孤独が広がっていくだけだと思います。
    愛子さまや学生の皆さんには、青春を謳歌していただきたい。
    一日も早く「通常」が戻りますように

    ただし

    2021年7月15日

    子供時代の経験や、思い出を奪うことほど、残酷なことは無いと思いました。それを守ってやれるのは、大人しか居ませんね。

    ダダ

    2021年7月15日

    今年度もコロナ禍を終わらせることが出来なければ、中高生は2/3年、大学生は2/4年を奪われたことになります。
    2020年の小中高生の自殺者数は過去最多の479人。前年比140人増で急増しています。人工的なコロナ禍によって、子どもが社会に殺されています。これを見過ごしていいはずがありません。
    一日でも早く元の生活に戻りましょう!

    基礎医学研究者

    2021年7月14日

     素晴らしいエピソードありがとうございました。自分の娘も幼稚園の時には滑り台が苦手だったのですが、基本私と遊びつつも結構公園で遊んでいるお姉ちゃん(小学生)がお付き合いしてくれたことを思い出しました。そして、ふぇい様の書かれた太字の部分(特に、ぬ心配と制限を与えてタテ・ヨコの繋がりを薄くしてしまっているのは私たち大人の責任です)、京都のS様同様、激しく同意であります。

    京都のS

    2021年7月14日

     「私たちの君主になられる愛子さま、学生の皆さまに、要らぬ心配と制限を与えてタテ・ヨコの繋がりを薄くしてしまっているのは私たち大人の責任です。」
     この部分は完全に同意です。エピソードも感動的でした。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。