コロナ禍と象徴天皇

Post's thumbnail

宮内庁長官が拝察した「天皇陛下、五輪開催による感染拡大を懸念」を受けて、陛下のお言葉を振り返りました。
長くなりますが、お付き合いくださると幸いです。

令和元年10月22日 即位礼正殿の儀の天皇陛下のお言葉
1)国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。
2)国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和,人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

令和3年1月1日 新年ビデオメッセージ
3)感染拡大の影響を受けて,仕事や住まいを失うなど困窮し、あるいは、孤独に陥るなど、様々な理由により困難な状況に置かれている人々の身の上を案じています。
4)感染された方や医療に従事される方、更にはその御家族に対する差別や偏見といった問題などが起きていることも案じられます。
5)今年が、皆さんにとって、希望を持って歩んでいくことのできる年になることを心から願います。ここに、我が国と世界の人々の安寧と幸せ、そして平和を祈ります。
6)私たち人類は、これまで幾度も恐ろしい疫病や大きな自然災害に見舞われてきました。
しかし、その度に、団結力と忍耐をもって、それらの試練を乗り越えてきたものと思います。今、この難局にあって、人々が将来への確固たる希望を胸に、安心して暮らせる日が必ずや遠くない将来に来ることを信じ、皆が互いに思いやりを持って助け合い、支え合いながら、進んで行くことを心から願っています

令和3年2月19日 天皇陛下お誕生のお言葉
7)感染症の感染拡大の影響により,特に,多くの可能性を持つ若い人々が苦境に陥っていることや、女性や若者の自殺や家庭内暴力・児童虐待などが増加していることなども危惧しております。
8)高齢者や障害者、あるいは生活困窮者や生活困窮世帯の子供たちなどの現状について理解を深めるとともに、たくさんの方が、社会的に弱い立場にいる人々を支え、その命と暮らしを守るために力を尽くしていることを大変有り難く思いました。
9)世界では、特に発展途上国を中心に、新型コロナウイルス感染症以外でも、結核、マラリア、HIV/エイズ、エボラ出血熱など、様々な感染症が非常に多くの人命を奪っています。これらの感染症を克服するには,一国のみの努力では不十分であり,国際的な協力が不可欠であることを改めて認識させられています。

令和3年6月21日 日本学士院第110回及び第111回授賞式
10)新型コロナウイルス感染症の問題は、単に医学の問題にとどまらず、経済や社会の在り方にも広く関わる課題を私たちに提起しました。
11)このような試練に世界が直面している今こそ、医学を始め、自然科学、人文社会科学の学問諸分野の叡智を結集し、世界の人々が互いに力を合わせることにより、この困難な状況を乗り越え、希望に満ちた未来を築いていくことを期待します。

陛下は常に国民・世界・人類の平和を願い、コロナ禍においても生活困窮者・社会的弱者の身を案じ、何度も私たちに連帯すること、助け合うことを投げかけています。
また、前述6),9),10),11)からも分かる通り、陛下の視点は国内だけではなく、世界を向いています。
コロナ禍収束のために各国が協力して人類の未来を切り開いていくこと、それが陛下の願いです。

陛下は東京五輪の名誉総裁ですが、たとえ感染者(検査陽性者)が一時的に増えたとしても、陛下に責任が無いことは明白です。海外諸国も日本の立憲君主を非難するはずがありません。
陛下の願いを伝えきれなかったという点において、拝察発言(全文は確認できていません)は、失敗・失策です。政治利用と捉えられても仕方がないです。

陛下がコロナワクチンを接種したとの報道についても同様で、ワクチンキャンペーンに陛下が利用されています。
私たちが象徴天皇と向き合ってこなかった結果、これに感謝している半人前の、(個が無い)国民が生まれたのですから、忸怩たる思いです。

日本人は自らの民族性(習慣・伝統)を捨て、私的領域に閉じこもりました。今の日本に象徴天皇は分不相応ですが、国民と苦楽を共有してくださる象徴天皇にこそ、復活の鍵があるはずです。
(陛下のご負担が増すばかりで大変申し訳ないです)

文責 茨城県 ダダ

前の記事 
次の記事 

7 件のコメント

    ダダ

    2021年7月26日

    ただしさま
    コメントありがとうございます!
    陛下のお言葉を胸に刻み、コロナ禍を終わらせましょう!!

    ダダ

    2021年7月25日

    まーさま
    コメントありがとうございます!
    仰る通りです。陛下が洗脳されるわけがありません。

    皇族のワクチン接種状況は非公表。
    これは当然で、陛下はご自身の接種公表によって皇室を守ったのです。
    その裏側には自称専門家の顔を潰さない。打たないとワクチンを妄信している大衆が発狂することへの配慮等があるわけです。

    陛下の直系継承の願いは忖度せず、ワクチン接種にだけ反応しそれを利用する大衆やマスコミの卑しいこと。見るに堪えません。

    ただし

    2021年7月25日

    我が国の元首・天皇陛下は、我々国民にとっての最大の誇りであり、自慢だと思いました。
    昨日の東京五輪開会宣言を見た時も、そう感じました。
    我々国民は、優しい親に、ただ甘えまくっている子供のようですね。

    陛下の視点は、ワイドで、ダイナミックだと思いました。
    壮大さと共に、繊細さも持たれていますね。

    こうして綺麗に並べて頂くと、陛下のご真意が、とても良く伝わって参ります。
    どうも、ありがとうございました。

    まー

    2021年7月24日

    陛下のご発言を伺うと、いつも私たちが近視眼的であることを思い知らされます。
    陛下がセンモンカのご進講をお受けになられたり、ワクチン接種されていることで、陛下が洗脳されているととらえる向きがありますが、陛下の視座(視点の高さ)を軽く見過ぎです。
    一流の研究者の顔もお持ちの陛下が、ワクチンの科学的危険性に気づかないはずがありません。
    そして、ご自身の「命の重み」は陛下が一番よくご存知だと思いますが、それでもワクチン接種を決断なされた。
    陛下の、命をかけたメッセージこそを、私たちは拝察すべきでしょう。

    ダダ

    2021年7月24日

    京都のSさま
    コメントありがとうございます!
    その醜悪さに気づいていないことが腹正しいですよね。海外メディアには日本人の恥部を暴いて欲しいです。

    基礎医学研究者さま
    コメントありがとうございます!
    陛下が感染症だけに気を取られていないことを知ってほしいと思った次第です。コロナ騒動の熱に浮かれている輩は、陛下のお言葉を真摯に受け止めて猛省するできです。

    基礎医学研究者

    2021年7月22日

     力強いメッセージありがとうございました。まったくその通りかと思います。”象徴天皇”に対する受け手側の国民の問題は、今回話題に出された「コロナ渦」のことも含めまして、確実に「ある」でしょう。しかしながら、ダダ様が最後に強調されたこと、”国民と苦楽を共有してくださる象徴天皇(自分だったら、覚悟されてりいる象徴天皇という言い方をしますが)”、
    大いに共感された次第でございます。

    京都のS

    2021年7月22日

     バッハ会長や海外オリンピアンたちへの排外主義が醜すぎると怒り心頭の今日この頃ですが、陛下の御心は放置される国内の困窮者にも批判に晒される海外からの来訪者にも常に温かいですね。
     それなのに、出羽守的グローバリストのくせに排外主義的ムラ人でもあるという手に負えなさが日本人の負の国民性だと来ています。嗚呼…。
     もう、ただただワクチンの副作用リスクに曝された陛下の無事を祈っております。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。