メジャーリーグの話題から、愛子さまのことを考える

Post's thumbnail

勤務がなかったので、朝からテレビをつけていました。
エンゼルスの大谷翔平選手がオールスターゲームの
ホームラン競争に出場するという話題が放送されていました。
「ホームラン競争に出ると成績が落ちる」という話もあり、
辞退する選手も少なくないようです。

大谷選手は出場することを発表し、
エンゼルスのジョー・マドン監督は
(ファンは何か思うかもだが)
多くのことを披露する機会・経験は彼のためになる
と話されています。
「経験は彼のためになる」
私たちは、日本の君主となられる愛子さま
子供たち、学生たちに
何を経験させてしまっているのでしょうか。
速やかに日常に戻る努力を
未来を担う若者のためにも
大人の責任で進めていかなければなりません。

メジャーで満員のスタジアムを見て
強くそう感じました。

文責 群馬の T

前の記事 
次の記事 

3 件のコメント

    ただし

    2021年7月22日

    楽しみ・喜び・幸せ・興奮・連帯・生きがい、色々なことを若者から奪ってしまいました。
    感受性豊かな時期に、これらを奪われた若者は、どれだけ虚無感を感じているかと想像すると、言葉も出ないです。
    経験させたくないことをいっぱい経験させてしまいました。また、経験させたいことを根こそぎ奪ってしまったのだと思いました。

    ダダ

    2021年7月18日

    大谷選手がホームラン競争に出場した理由は、ファンのためでもありますよね。本当のコロナ禍のアメリカでスタジアムが満員というのも、選手とファンの距離が近いと感じます。民度が日本人とは全然違いますね。

    子どもたちの未来が奪われている現状は看過できません。
    日常を取り戻しましょう!

    基礎医学研究者

    2021年7月17日

     興味深く読ませていただきました。まず、これはオリンピックにも通ずるのかもしれませんが、自分だけのために頑張るではなく、公のために頑張るはやはり一流の人物は心に秘めてほしい、と自分は理解しました。そして、”大人の責任で速やかに日常に戻る努力を進める”、激しく同意であります(それが、ひいては”愛子さま_皇太子への道”につながると信じます)。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。