愛子さま百人一首を本当に作って展示しました(ご報告その1)

Post's thumbnail


「愛子さま 皇太子への道」実行責任者のL.Kです。

昨年、100人を超える方が、
愛子さまを思う歌を詠んでいただき
作られた「愛子さま百人一首」

データはコチラで公開していますが、
とあるイベントで
実際にカルタとして作り展示しました!

そのイベントは、
漫画家・小林よしのり先生が主宰される
公論イベント「ゴー宣道場」

皇統問題とは異なるテーマで
開催されたのですが、多くの方に
展示ブースに来ていただきました。

その内、何人かともお話をさせていただきました。

印象に残ったお話を、2回に分けてご紹介します。

●女の子の笑顔


お母さんに連れられて
ブースに来てくれた
10歳くらいの女の子。

「愛子さまのこと、知っていますか?」
と聞いたら、知らないとのこと。

天皇陛下のことは知っている
そうなので、そこを切り口に
説明します。


天皇陛下のお子様でいらっしゃること。

お子様なのに、次の天皇にはなれないこと。

その理由が、
ただ「女性だから」だけでしかないこと。
(ちょっとムッとした顔に。そりゃそうだ。)

そんな理由で天皇になれないのはオカシイ!
だから私たちは、
愛子さまが次の天皇になれるように
活動しています、ということ。

愛子さまに次の天皇になっていただきたいと
思っている人達がたくさんいること。

その人達が歌を詠んでくれて、
イラストも描いてもらって、
こうして百人一首を作りました。ということ。


ここまで説明すると、
「スゴイ」と言って笑顔になってくれました。


その笑顔を見て、とても嬉しい気持ちになりました。

愛子さまや、愛子さま皇太子の
実現を願う人達の思いは、人々を笑顔にしてくれる。

そう確信した瞬間でもありました。


愛子さまが皇太子になられて、
日本中が笑顔であふれる日まで。

引き続きがんばっていこうと思います。

(その2に続きます。)


文責:静岡県 L.K(「愛子さま 皇太子への道」実行責任者)

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    ただし

    2021年7月23日

    本当に、いいお話ですね。
    情景が浮かんでまいりました。
    女の子が笑うところで、自然と自分も笑顔になりますね☆♪
    L.Kさんの人柄もつたわってくる文章だと思いました。

    基礎医学研究者

    2021年7月19日

    素晴らしいブログをありがとうございました。L.L様の子供さんへの話し方に説得量を感じました(本来、子供のころからこうした教育に触れられるのが、尤もよいかと思う次第です)。

    ダダ

    2021年7月19日

    子どもの反応って、絶対に嘘が無いです。
    愛子さまへの思いが笑顔を広げることは間違いありません!
    愛子さまを皇太子に!!

    ひぃ

    2021年7月18日

    素晴らしいですね。女の子が「ムッ」とした、そのリアクションが、国民の素朴な感情なんだろうな。男系男子に固執する人は説明できるならしてみろって感じです。「女は男よりバカなんだから大人しくしてなさい」とでも言うつもりでしょうか?言えるもんなら言ってみろですよ(笑)。

    ヨワシ

    2021年7月18日

    私は新潟で見て、感激しました。
    また見たいです。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。