秋田県の「縄文遺跡群」世界文化遺産に登録より愛子さまを想う

Post's thumbnail

7月27日、家族からユネスコの世界遺産委員会は北海道と青森県、岩手県、それに秋田県に点在する「北海道・北東北の縄文遺跡群」を新たに世界文化遺産として登録を決定したことを聞きました。

「うれしい」「信じられない」 関係者、喜びに沸く 世界遺産決定
(  https://news.yahoo.co.jp/articles/69f030bbafe4dd776e4ed04e92096ceaca7f23b4 )

上記の記事によると伊勢堂岱遺跡がある秋田県北秋田市ではPV会場に約100人が詰め掛け、万歳と拍手が送られたそうです。

ジュニアボランティアガイド歴6年の高校3年生の九嶋さんは「とてもうれしい」「地元の子や地域が一体になって貢献してきた。後輩育成や英語でのガイドに力を入れたい」とお話したそうです。

九嶋さんのお話を聞いて、何かを達成する時は

(1)地域の人たちが一緒になること、
(2)自分たちが伝えたいことを後輩たちも伝えていけるようにすること、
(3)海外の人たち向けに、英語など外国語での案内ができるようにすること、

以上の(1)から(3)のことが大切だと思いました。

自分は皇位が安定継承されるにはどうしたら良いかを考えた時、

まず、皇族方の意思を最優先にして、

愛子さま、眞子さま、佳子さま、悠仁さま、彬子さま、瑶子さま、承子さまがご結婚される前に、

愛子さまが皇太子になりたいという想定で考えて、
私の身近な人たち、できることなら外国の人にも、

愛子さまが皇太子になり、次代の天皇になり、
愛子さまのお子様の性別に拘らずご長子優先で皇位が継承され、

女性宮家も創設されるように
皇室典範の改正が大切という事を伝えてまいります。

文責 秋田のタカ

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    ただし

    2021年8月10日

     皇族方の、特に今は女性皇族方の、心の底からの笑顔を見させて頂く為に、皇室典範を改正し、女性天皇も女性宮家創設も可能とすることを実現致しましょう!
     皆で力を合わせて!

    基礎医学研究者

    2021年8月7日

    貴重な情報、ありがとうございました。日本最大の縄文集落「三内丸山遺跡 」などの世界文化遺産への登録、非常に喜ばしいことであります(京都のS様も先に書かれていましたが、日本が長期間安定していたと見られる時期で、土偶が女性を表しているというのも、非常に穏やかなものを感じます)。そして、ここから得られる教訓は、「目標を成しとげるために、粘り強く周りの人達を説得していく」ということになりましょうか。これはまさに、「公論を形成する」ということに、他ならないと思う次第であります。

    ダダ

    2021年8月7日

    世界文化遺産の登録、おめでとうございます!
    そして、関係者のコメントに力を貰いました!
    「世界遺産という大きなリボンを付けて、未来の人たちに贈ることができたと思うと本当にうれしい」
    「耐えて耐えて耐えて(登録に)ついにたどり着いた」

    皇室の願いである安定的な皇位継承は必ず実現できます!
    日本の未来のために、皇室を繋いでいきましょう!

    京都のS

    2021年8月7日

     縄文時代は草創期から末期まで1万年も続き、その間ずーっと平和が続いていたと見られ、しかも妊婦を象った土偶が存在することでも判るように非常に女性が尊重された時代でもあったと思われます。つまり、それが日本の原初の国柄だと思われます。だから、女性天皇や女性宮家が認められない現在こそが異常だと気付かなきゃいけませんね。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。