大館市の大文字焼きより愛子さまを想う

Post's thumbnail

家族と話している時、8月8日に大館市で大文字焼きがあったということを知りました。

大文字焼きが行われる場所は鳳凰山と言うそうです。

鳳凰という言葉を聞いて、鳳凰といえばたしか、死なない鳥だなと思い浮かべてからこの世には変わらないものがあると想像しました。

誰かにこの世には変わらないものは何か?と聞かれた場合、

私はこの世で変わらないでいてほしい事は天皇と皇室の方々と国民の関係と答えたいです。

天皇陛下と皇室の方々は伝統文化の和歌をお詠よみになったり、
稲作をしてくださったり、

皇后陛下はご養蚕されたり、

私たち国民が大きな災害にあって、落ち込んでいる時
元気づけてくださったり、

日本を代表して外国と親善してくださったり

国と国民の繁栄と幸せを祈るなどしてくださっています。

この関係が自分は好きなのでそれがずっと続いてほしいので

皇室典範を改正して

愛子さまが皇太子になり、女性も宮家の当主になるように

身近な人たち一緒に声を出し続けます。

文責 秋田のタカ

前の記事 
次の記事 

6 件のコメント

    れいにゃん

    2021年9月1日

    秋田のタカさんの指摘で、改めて、皇室の方々の祈りの形は、国民の方をを向いて行って下さっていると思いました。私達国民の側が、有り難く戴く感覚を忘れないことが、肝要ですね。

    ただし

    2021年8月30日

     天皇陛下と、皇室の、ありがたさに、改めて気付かせて頂きました。
     陛下と、皇室の方々は、実は、われわれ日本国民を最前線でお守りくださっているのですね。お体を張られて、文字通り、全身全霊で。

     私も、好きです。
     この関係をずっと残していく為に、私も、声を上げ続けてまいります!

    基礎医学研究者

    2021年8月28日

    鳳凰山、私も名前がかっこいいと思いました(まるで火の鳥が生息しているような感じで(^_^;)。私、大文字焼きは自分が在住する関西の京都市にしかないと思っていたもので(五山の送り火)、これは勉強になりました(先に、京都のS様書かれておりますが、この2年京都も規模が縮小され少し寂しい限りかと)。「民衆」と祭りの関係は、やはり重要でございます、閑話休題。
     不変なもの→伝統というのは、少し硬い言い方になってしまうのかもしれませんが、国民と皇室の関係は、やはりこのようにありたい、と自分も思う次第でございます。

    ねこまる

    2021年8月28日

    昔からある祭りは、この営みが変わらず続いてほしい、と願う人々の努力で成り立っています。
    皇室の方々は努力されています。我々国民も変わらず続いていけるように、皇室典範の改正に向けて努力していきましょう。

    京都のS

    2021年8月28日

     京都の「五山送り火」は今年も一字に付き2~3点しか点けませんでした。尾身茂の「魅力的な場所を潰せ」を先取りしたかのように一年前からです。その尾身から陛下が御進講を…。国民の「コロナコワイ」という気分にまで寄り添わなくても…。自粛被害や報道被害に遭った人の方に寄り添っていただきたいと思っていますが、これをおおっぴらにやれば政治的権能ですかねぇ…。

    ダダ

    2021年8月28日

    鳳凰山、名前がかっこいいですね!
    例年なら同時開催される花火大会は中止になったようですが、「人」と「祭」は切り離せませんよね。
    日本人にとっての皇室もそうであって欲しい。秋田のタカさまに賛同します。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。