お盆に愛子さまと皇室のことを考える

Post's thumbnail

お盆に姉夫婦が来ました。


仏壇に線香をあげて、その後いろいろ話しました。

ここでふと思ったのですが、現在の皇位継承順位の通りで行くと継承順位1位は秋篠宮さまです。

今(いわゆる)実家にいるのは私なのですが、私の子供がいるのに誰かが姉に「実家に入ってくれ」と言ったら、
姉は嫌がるよなと。


近所の方も

「何が起きたんだ?」

「子供たちどこいくの?」

と思うのが通常の感情と思います。

そんなつもりはさらさらなく、我が家は何とでもなります。


しかし、皇室典範に定められている以上、皇族の皆様は何も言えないのです。


皇位継承に関して辞退を示唆する内容の記事も出てきています。

高森明勅ブログ(2019年4月21日)

「秋篠宮殿下ご即位辞退?」

https://www.a-takamori.com/post/秋篠宮殿下ご即位辞退?


上皇さま、陛下、秋篠宮さまの中では


愛子さまを皇太子に


直系長子継承を望まれているのは事実。

実際秋篠宮さまは「皇嗣」のままでいらっしゃいます。


しかしながら、国民の無関心が、皇太子不在の期間を延々と続けさせてしまっています。


もうすぐ愛子さまは二十歳になられます。

皇室の皆様にこれ以上ご負担をかけてはいけない


と強く感じたお盆の一日でした。

文責 群馬県 ふぇい

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    ただし

    2021年9月7日

     凄く分かりやすい例えでした。そして、言われなければ気付かない感覚でした。
     入る方にも入られる方にも、違和感を生じさせ、禍根を残してしまいますね。
     この不自然さをなるべく多くの人たちに伝えていきたいです。

    ダダ

    2021年9月6日

    皇室典範第8条「皇嗣たる皇子を皇太子という。皇太子のないときは皇嗣たる皇孫を皇太孫という」
    秋篠宮殿下は天皇の子ではないので皇太子ではない。ということですよね。
    皇子に男女の区別はないので、やはり第1条の「男系男子」から改めないといけませんね。

    基礎医学研究者

    2021年9月5日

     興味深く読ませていただきました。たしかにふぇい様言われるように、「皇位継承」の問題を一般の家庭に当てはめると、常識的にもかなり奇妙でございますね。そして、日本における本来の歴史・伝統に照らし合わせるのならば、直系長子優先がもっとも自然であり、そのような方向にもっていくにはどうすべきか?、と改めて思った次第でございます。

    タルト

    2021年9月5日

    天皇陛下、上皇様、そして秋篠宮さまも「直系継承」を望んでいらっしゃるし、国民も「直系継承」を望んでいます。このことが分からない一部のノイジー・マイノリティーに振り回されるのは、多数の国民が皇室に無関心だからということですね。それなら関心を持ってもらうよう、もっと努力しようと、決意を新たにしました。傍系継承でなく、皇室の皆様と、心ある人々皆が望んでいる「直系継承」を実現しましょう。愛子様を皇太子に!

    秋田のタカ

    2021年9月5日

    愛子さまが皇太子になられるように、コメントを書くことと身近な人たちに皇室典範を改正しようと伝えることから始めようと思いました。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。