一歩一歩ただ前へ

Post's thumbnail

9月6日、私は下記の記事を見つけました。

共同通信 ~天皇ご一家と4宮家存続の構想 政府、女性皇族が継ぐ案を想定~
https://news.yahoo.co.jp/articles/2f12373405196574f33cb860dc86f8db36d12aa3


この記事によれば、政府は、愛子さまをはじめとする未婚の女性皇族の方々に後継者になってもらうことで、今の4宮家存続の構想を立てているとのことです。


これは事実上女性宮家の創設といっても良いでしょうし、皇族数確保のためのもう一つの案である旧宮家からの養子や皇籍取得に基づく案が出ていないことから女性宮家創設の案が政府内でもかなり有力になっているといえます。


また、現在の菅政権内で一定のとりまとめを行うことも報じられています。

TBS NEWS  “皇位継承”有識者会議 菅政権で一定の取りまとめの方針 総裁選不出馬受け”
https://news.yahoo.co.jp/articles/538888e0eb0b391c547df70d99530635f07e76d3



皇位継承の議論が、菅首相の退陣で大きく動こうとしている予兆があります。


以前、政府は皇女制度という皇位継承はおろか皇族数の確保にさえ貢献しない、それどころか”身分による差別”を起こしかねないものを作ろうとしていましたから、これを見れば前進といえるでしょう。


皇位継承に関する議論は、新政権になった後も進むでしょう。

新政権が誕生し衆院選が終わった後も、安定的皇位継承、愛子皇太子誕生に向けて一歩一歩ただ前へ進んで行きたいと思っています。

文責 山梨県 JACKER

前の記事 
次の記事 

6 件のコメント

    ただし

    2021年9月12日

     色々なニュースが出てまいりますね。
     私たちのやるべきことは、一歩、一歩と、目標へ向けて前進すること、それしかありませんね☆

     愛子さまを皇太子に!

    昭和43号

    2021年9月8日

    同じ内容の記事を中日新聞で読みました。

    やっと女性宮家の検討を始めたかと思いましたが、愛子さまを当主とした女性宮家は創設しない、三笠宮家や高円宮家も女王の方々を差し置く形で旧宮家との養子縁組を模索する等々、皇族数を確保しながらも男系主義は絶対に譲らないとする思惑が窺えます。

    いずれにせよ典範改正が必要になるので、この案をたたき台にして女性宮家創設、さらには女性・女系天皇へとつながっていくことを願っています。

    くりんぐ

    2021年9月8日

    この記事と似た内容のものには、愛子さまには天皇皇后両陛下のサポートをしていただくものの皇位は継がせない、お子さまのいない宮家は旧宮家の子孫を養子にして継がせる、と記載されていました。
    女性宮家の配偶者とお子さまの処遇は記載されておらず、まだまだ油断出来ないです。

    ダダ

    2021年9月8日

    記事のご紹介ありがとうございます。

    有識者会議第10回の資料「今後の整理の方向性について(案)」には以下が記載されています。
    ・今上陛下から秋篠宮皇嗣殿下、次世代の悠仁親王殿下という皇位継承の流れをゆるがせにしてはならない。
    ・多様な世代の方が男女共に、悠仁親王殿下を支えるということが重要ではないか。

    これは、愛子さまと女性宮家には公務だけを負担させて皇位継承の資格は認めないということで、安定的な皇位継承には繋がりません。
    まだどうなるか分かりませんね。

    基礎医学研究者

    2021年9月7日

    いつもながら、貴重な情報ありがとうございました。自分は、確かに今後の政府にいろいろ警戒感はありますが、このニュース速報をpositiveにとらえ、一歩前進と考える次第でございます。

    京都のS

    2021年9月7日

     こんな記事が出たということは、総裁選では河野太郎(行革・ワクチン担当相)氏が優勢と見られるのでしょうか。候補者の中で河野氏は最も女系容認に積極的だと思われますから。その場合ワクチンによる虐殺と引き換えですから何とも嫌な気分です。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。