わかれうた

Post's thumbnail

「わかれうた」といっても、みゆきさんの方ではなく。
ちょっと古い(’80初旬くらい?)コレです。

“Eye In The Sky” The Alan Parsons Project
https://www.youtube.com/watch?v=56hqrlQxMMI

先日ラジオで流れてきました。
この曲、名曲の多い別れ歌の中でも、
めちゃ好きなんです。
こんな美しいメロディとリズムなのに、
歌詞の内容が、
めちゃめちゃ辛辣という(笑)
以下、超テキトー意訳

−−−−−−−−−−−−
Don’t think sorry’s easily said
Don’t try turning tables instead
You’ve taken lots of Chances before
But I’m not gonna give anymore
Don’t ask me
That’s how it goes
Cause part of me knows what you’re thinkin’

簡単に謝罪を言えば済むと思わないで
テーブルを入れ替えれば済むと思わないで
これまで沢山のチャンスを得てきたよね
でもこれ以上チャンスを与えるつもりはない
今さら言ってもムダ
そういうことになったのは
あなたの脳ミソは、私の脳のほんの一部に過ぎないことが分かったから

Don’t say words you’re gonna regret
Don’t let the fire rush to your head
I’ve heard the accusation before
And I ain’t gonna take any more
Believe me
The sun in your Eyes
Made some of the lies worth believing

今さら後悔を言ったってムダ
そんなに頭に血を上らせないで
いままで散々言い逃れを聞かされてきたけど
これ以上は付き合ってらんないわ
まじで
あなたの目の輝きは、
いつも嘘だらけ、信じるに値しないね

<※1>
I am the eye in the sky
Looking at you
I can read your mind
I am the maker of rules
Dealing with fools
I can cheat you blind
And I don’t need to see any more
To know that
I can read your mind (looking at you)
I can read your mind (looking at you)
I can read your mind (looking at you)
I can read your mind

<※1>
私は上空にある目
あなたを見ると
あなたの心の中が読める
私はルールメーカー
バカをあしらうルールのね
あなたからすべてを消し去ることだってできるよ
これでもうこれ以上は見なくて済むんだ
あなたの心の中が読める(あなたを見るだけで)
あなたの心の中が読める(あなたを見るだけで)
あなたの心の中が読める(あなたを見るだけで)
あなたの心の中が読める

Don’t leave false illusions behind
Don’t cry cause I ain’t changing my mind
So find another fool like before
Cause I ain’t gonna live anymore believing
Some of the lies while all of the signs are deceiving

偽りの幻想世界にずっといればいい
泣いてもダメ。私の心は変わらないから
あなたはこれまで同様、次のバカを探せばいいだけ
私はこれ以上ここで生きるつもりはないから。まじで
あなたの嘘、全ての言動が詐欺

<※1> (繰り返し)
−−−−−−−−−−−−
ちょっと誇張してますが、こんな感じですかね。
解釈が違ってたら指摘ヨロシクです。
(訳してみて予想以上に相手をボロカス言っててワロタ。^^;)

しかし、
コレ聞いていてふと思ったのですが、
誠に僭越な話ですが、
眞子様の国民に対する心情と重なってしまいました。
(´・ω・`;;

文責 広島県 三味線

前の記事 
次の記事 

9 件のコメント

    モグ

    2021年9月21日

    眞子さまが、この歌詞のようなご心情であられたとしても、ちっとも不思議ではありませんね。この4年間、国民は一億総小姑と化し、眞子さまと小室さんに酷い仕打ちをしてきましたもの。
    眞子さまの門出を素直にお祝いするムードを作れなかったこと、国民の1人として大変申し訳なく思います。
    せめてここ(このサイト)にはお二人を心から祝福する者たちがいますよ!とお伝えしたい気持ちです。

    眞子さま、ご結婚おめでとうございます。
    小室さんと末永くお幸せにに!!

    ただし

    2021年9月20日

     こんな風に思われていても、おかしくないですね、少しも。
     取り返しのつかないことと、失ってからしか気付けないのが、今の日本人なのでしょうね。

    三味線

    2021年9月20日

    みなさま
    返信ありがとうございます。
    まかさこの名曲がこんな歌詞とは、って人は少なくないと思います。
    たしかに、果てしないバカっぷりを何度も見せられると、
    こんな心境になるものです。(´・ω・`;
    眞子様は、絶対に表には出さないでしょうけど...
    この辺のエイジアだと、”Heat of the Moment”でしょうかね。^^;
    アレも名曲ですね。

    タヒガシ

    2021年9月20日

    眞子さまの胸中そのものかも知れません。仕方ありません。
    この国民がバカなんですから。

    基礎医学研究者

    2021年9月20日

    (個人的には基本80年代より洋楽フアンなもので(^_^;)、素晴らしい情報ありがとうございました。自分は音楽については基本メロディーラインから入るもので、こんな名曲があったのかと感銘しました(イングランドっぽい曲調を聞いて思いましたが、時期的には同じイングランドですと、”エイジア”と時期が重なりますね)。閑話休題。
     しかし、そのメロディラインに比して、歌詞は確かにかなり仁辣ですね。そしてそれは、jackerさまが先に言われたのと同様、今の我々は受け入れるしかないのかもしれません。

    京都のS

    2021年9月20日

     「誠に僭越な話ですが、眞子様の国民に対する心情と重なってしまいました」に同感します。コロナ怖い煽りの旗色が悪くなるにしたがって小室母子叩きが復活してきました。「小室氏に記者会見させろ(サンドバッグを提供白)」と宣う識者やコメンテーターがテレビに映ると、「コロナで自粛させられた憂さを誰に向けてやがるんだ!」とムカつきっぱなしです。
     ルールメーカーは眞子様です。こんなクソみたいな国民を早く見捨ててください。後悔しても無駄です。

    jacker

    2021年9月20日

    辛辣な歌詞でありますが、今の日本人にはこれを受け入れるほかないでしょう。

    チコリ

    2021年9月20日

    いいですねー!気持ちいい!
    こうでなくっちゃいけません。

    眞子さまのご結婚が報じられた時、この期に及んで、
    男系カルトの兄弟が、「眞子さまは本当に年内に結婚するんでしょうかねえ?」と真面目にほざいた時、この歌とおんなじ気持ちになりました。
    正真正銘の「バカなんだな」とはっきりわかって腹も立ちませんでした。

    ダダ

    2021年9月20日

    女性かと思いきや、男性が歌っているんですね!
    とても聴きやすかったです! でも歌詞が・・・(^_^;)
    眞子さまが日本を見限るのは仕方ありませんよね。それほど残酷なことを国民はしてきました。
    せめてご家族だけは眞子さまの人生を、眞子さまに見える形で祝福して頂きたいです。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。