心の無いコメント

Post's thumbnail

AERA Dot

眞子さまへの止まぬ批判、「意見」と「中傷」の線引きは?  ネット中傷に

詳しい弁護士に聞く

https://news.yahoo.co.jp/articles/de2b4beae53bb8bf916dc762f42e8a27a896f180?page=1

眞子さま、小室さんに対しての批判コメントが止みません。

プロレスラーの木村花さんが自殺された時にも同じ構図で、バッシングが

繰り返されていました。

「正論と批判は誹謗中傷にあたらない」


「どの内容を誹謗中傷と指摘しているのか」

書き込みをした多くの大衆は上記の様な旗を掲げ、意見具申を行っているだけと

書き込む行為に楽しみすら覚えていたと思います。

今回の眞子さま、小室さんへのコメントも同様です。


愚かな大衆が、自分に湧き起こる嫉妬心、差別感情で批判コメントを書いています。


書く事によって自身のストレス発散に利用しているだけでしょう。


上の記事を書いた弁護士が指摘されています。

「書き込みの内容自体に法的問題がなかったとしても、

バッシングされた側はとても傷つきます。

正しい意見なんだ、意見は自由なんだと、大勢で個人を追い込む状況が

許され続けて良いのかと感じています。」

まさにその通りで、自分自身が同じ立場に立った時、大衆は司法に頼るしか

反撃のしようがありません。

そして司法によって、木村さんの遺族は反撃しました。

しかし、皇室の方々は司法に頼る事すらできません。


皇族であるがゆえに品位を保つ必要があるので、

ただひたすらに「耐える」しかないのです。


小室さんも同様です。


小室さん自身は一般人ですが、結婚される事により皇族の親族となられるからです。

わきまえておられるからこそ、発信されていないのです。


そのように自由が無い、人権が無いと言っても過言でない皇族に、

自分の権利を振りかざし批判する輩は 下衆の極み だと感じます。


この様な下衆の意見だけが取り上げられ続けるのであれば、天皇陛下は日本を

見限られるかもしれない、という可能性も否定できません。


我々のような庶民は、そのような事態に陥らないよう、皇室を支える必要があります。

世論調査ではご結婚に賛成が53%であったと出ております。


眞子さま、小室さんの結婚を心より祝福しましょう。

ご結婚を祝福し、批判を少数派にしていきましょう。

それが皇室への正しい寄り添い方だと思います。

文責 兵庫県 眞子さまご結婚を祝福し隊・隊長

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    ねこまる

    2021年10月7日

    下衆が幅を利かせる日本では困ります。
    お二人を祝福する全うな風をこの国に吹かせましょう。
    眞子さま、小室さん、ご結婚おめでとうございます。

    ダダ

    2021年10月7日

    バッシングへの批難が広がってきたことで、結婚に賛成してもいいんだという空気になってきましたね。呆れるしかありませんが、これが大衆感情なのですね。。
    皇室に対しては誠実でありたいです。
    眞子さまと小室さんのご結婚を心よりお祝いします。

    ただし

    2021年10月6日

     イジメっ子は、相手からの反応が無いほど、より過激になり、反撃が無いほど、より増長していく。みんなでやれば怖くないとばかりに、仲間を増やして、群れて行動しようとする。

     日本人のSNSやメディアを使った皇室叩きには、日本人のもっとも醜悪で卑劣な部分が出ると思います。

    基礎医学研究者

    2021年10月6日

    異論が一切許されない、ジョージ・オーウェル「1984」のようなディストピア社会よりは、正論と批判は許される社会の方が健全だとはいえます。しかしながら、それは「法に触れなければ何を言っても許される」ということには、ならないのではないでしょうか?やはりそれは、歴史・慣習によって形成されてきた道徳に依存し、結局のところは、「お天道様が見ている」ことに他ならないと、自分は思います。
     そして結論は、まったく隊長さまの言う通りで、まずはお二人を祝福し、そして批判派を少数にする、というのが皇室への”正しい寄り添い方”であるということに、激しく同意であります。

    小新斜馬

    2021年10月6日

    ♬最後に 愛はー 勝つウー♪

    御結婚おめでとうございます。心よりお祝いを申し上げます。

    下衆共がどんなに下衆に叩こうとも、お二人の愛が揺るがないことは承知しておりますので、イヤな日本を離れて、自由の国でお幸せなお暮しを築かれることを確信しております。

    ただ、御結婚お祝いと言っては何ですが、あちこちで男系派の下衆共と私なりにドンパチやっております。言い返せないでしらっしゃる分、勝手に代理させて頂いてます。日本の下衆はこちらに任せて、アメリカでは安んじて楽しい新婚生活をお送り下さいますよう祈念致しております。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。