皇族に告訴する権利が無い?

Post's thumbnail

当サイト「愛子さま 皇太子への道」、「ゴー宣ネット道場」で皇室ついて、勉強させてもらっています。


高森明勅氏のブログを拝見させていただきました。

ゴー宣ネット道場 令和3年10月6日「皇室の名誉・尊厳を守る法的保護が事実上、存在しない異常さ」

https://www.gosen-dojo.com/blog/32462/

皇族は事実上、告訴出来ないとあり衝撃を受けました。


上皇后さま、皇后さまのバッシングを見続けてきた私としては、

なぜ反論しないのか?

と不思議に思っておりましたが、品位を落とす行為は出来ないという事だったのですね。


これでは事実無根の事を報道されても反論が出来ないという事ですので、

今上陛下、皇后陛下の心中いかばかりであったかと推しはかるだけで心が痛みます。

現在、眞子さまのご結婚が決まり喜ばしい限りですが、マスコミ報道、特にネット上での意見は、

バッシングだらけとなっています。


眞子さま、小室さん、秋篠宮殿下、妃殿下ともども、事実無根であっても反論すら出来ず、

耐え忍ぶしかないと考えると胸が張り裂けそうになります。

私の若い頃、昭和時代に皇族の方々に対し度が外れた批判、誹謗中傷などあれば、

「右翼」と呼ばれた人々が抗議(実力行使もありましたね)をしていました。


平成・令和になって「右翼」の方々はどうされているのでしょう?


右翼でなくても「保守派」を名乗るのであれば、皇室に寄り添うべきですが、

保守派の国会議員たちは、何をしているのでしょうか?


皇室を守るというのであれば、眞子さまと小室さんのご結婚に障壁となりうるものを

取り除くべきではないのでしょうか?

また、我々庶民も声を上げるべきでしょう。


「ご結婚おめでとう御座います!」とだけしか言えないかもしれませんが、

批判・誹謗中傷を追いやる勢いで祝福すれば、眞子さまも、秋篠宮さまご一家も

心休まるのではないでしょうか?


いま祝福しないで、いつ祝福するのですか?


一人一人が声を出せば、大きな声になります。

我々で大いに祝福しましょう!!

「眞子さま、小室さん、ご結婚本当におめでとう御座います。」

文責  兵庫県  伊407

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    ただし

    2021年10月10日

     皇室を警護する侍になりましょう。近衛兵になりましょう。
     皇室を敬愛する国民が守らないで、一体、誰が守るでしょう。

    ねこまる

    2021年10月8日

    尊皇心、という言葉を思い出しました。
    尊皇心ある者は声を上げましょう。上げない者は、保守でも尊皇でもありません!

    ダダ

    2021年10月7日

    いま立ち上がらない保守派議員は皇室を利用していただけの外道です!
    私たちでバッシングを押し返しましょう!

    基礎医学研究者

    2021年10月7日

    興味深く見させていただきました。なるほど、確かに。「こういう時こそ、保守の方々がでてこないのはどういうことなのか?」。その通りでございますね。私見では、「これのどこが尊王なのか?」と思います。そして、お二人のご結婚については、ただただ、祝福して見守る!これは、本来の尊王の姿なのだと思った次第です。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。