人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことのできる人

Post's thumbnail

眞子さまと小室圭さんの結婚が、今月26日になると発表がありました。


同時に眞子さまが「複雑性PTSD」と診断された事も発表されました。


しかし世間からは相変わらず祝福の言葉よりも、一方的な誹謗中傷、

罵詈雑言の声の方が圧倒しています。


眞子さまのご体調が心配です。

結婚前夜に「結婚をやめる」と言った娘に、父親が言った素敵な言葉をお借りします。


「人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことのできる人」

「それがいちばん人間にとってだいじなこと」


私達世間はその「だいじなこと」を忘れていないでしょうか?


世間は時に人の不幸が大好きで、幸せな人に対する嫉妬が大好きで、

弱いものイジメが大好きな醜い側面を見せます。


私事ですが、自分は今まで生きてきた中で、世間は狭い、

冷たいと思う事は多々ありました。


私達はそういうことに対して「言い返す事」、あまりやりたくないですが、

場合によっては「キレる事」ができます。


しかし皇室の方々は公に向かってそのようなことはできません。


一方的に「良かれと思って」誹謗中傷を浴びせている方々は

想像力が足りないのではないでしょうか?

本当に皇室の未来を考えて、思っての発言でしょうか?

私達のしあわせを願い、私達の不幸を悲しむことができる、

唯一無二の存在に対してそのような事をして良いのでしょうか?

私達に今出来る事は、私達も意識して、公を意識して、あえて厳しいかもしれない

道を選んだ二人の「しあわせを願う」事、「見守る」事ではないでしょうか?

私は眞子さまと小室さんのしあわせを願い、見守りたいです。

文責 三重県 マメシバ亭主

前の記事 
次の記事 

3 件のコメント

    ダダ

    2021年10月12日

    しずかちゃんパパの名言ですね!
    「彼なら間違いなく君を幸せにしてくれると僕は信じているよ」も好きです♪
    眞子さまの結婚反対デモを起こした人物は「眞子さまのため」と放言していました。わけが分かりません。

    じーま

    2021年10月12日

    私事ではありますが、知り合いにシングルマザーの人がいました。その人は子供もいましたので、正直なところ生活とか大丈夫なのかなと心配でしたが、自分としてはその人の幸せを祈るくらいしかできませんでした。
    今回の眞子さま、小室さんの結婚も同じような態度でいいのではないかと思います。少なくとも、眞子さまのお幸せを本当に願っているのなら、誹謗中傷するのは誤りです。バッシングしているしている人は自分の幸せのために悪口を言っているのです。(本当にそれが幸せなのかどうかは置いといて)
    アメリカでの新生活は色々と大変で苦労されるかもしれないけれど、頑張ってくださいと応援するのが人の情だと思います。

    私は眞子さま、小室さんのお幸せをお祈りしたいと思います。

    基礎医学研究者

    2021年10月12日

    マメシバ亭主様の論考に、共感しました。まさにおっしゃる通りだと思います。我々国民がやるべきことは、ただただ祝福し、見守ること。それ以上のことは必要なく、それにつきるということかと思う次第です。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。