知事の発言から、眞子さま、小室さん親子バッシングを考える

Post's thumbnail

先日このような記事を目にしました

ハフポスト日本版

都道府県の『魅力度ランキング』、群馬県知事が「法的措置も検討」と抗議。

調査会社は「本気でおっしゃっているとは…」
https://m.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_616633b2e4b0d3f507c4a3cc

群馬県はこのランキングで、例年最下位近くを行ったり来たりしております。


何回かニュースで見ましたが、少し経つと忘れておりました。


私の家族、勤務先でこのランキングの話をしても、同程度の認識です。

この結果を山本一太群馬県知事は、


「法的措置も検討」と憤っております。


少なくとも私の周りの群馬県民は、そこまで深刻に考えていません。


ランキングはこれだけではありませんし、


山本一太知事の出身地でもある草津温泉は、

多数の人気温泉地ランキングで、常に上位をとっております。

まっぷるTRAVEL GUIDE

旅のプロが選ぶ2021年全国の人気温泉地ランキング20
https://www.mapple.net/s_article/onsen_ranking?pg=4

今回、同ランキング最下位の大井川和彦茨城県知事は、


「魅力はいろいろなとらえ方があり、それぞれがオンリーワン」


「最下位は我々にとって痛くもかゆくもない」


と語ったとされています。

率直に思ったこと2点。


「発信できるっていいなぁ。」


「権力のある人、声の大きい人の発言が、全体の意見と必ずしも一致しないよな。」

この出来事から、眞子さまと小室さん親子のことを考えました。

眞子さま、皇室の皆さま、小室さん親子は自身から発信することができません。


上記の両知事、言ってることは真逆ですが、自身の想いを話すことができています。


自身の思っていること、訂正してほしいという願いを押し殺して生活していくと、

精神的に追い詰められてしまうのは当然です。

それでも純愛を貫いたお2人には幸せになっていただきたいと強く思い、


心からおめでとうございますとお伝えしたいです。

そして、罵詈雑言を未だにぶつけている週刊誌、メディア、ネットの者が


一見声が大きいので多数派のように見えますが、決してそうではないと考えております。

黙っていては罵詈雑言を与えている者たちの「その他大勢」に加えられてしまうので,


私はそちら側ではないと声をあげます。

眞子さま、小室圭さん


ご結婚おめでとうございます!

文責 群馬県 群馬のT

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    ダダ

    2021年10月16日

    眞子さまは22日に天皇皇后両陛下、25日に上皇上皇后両陛下にあいさつをされるとのことです。
    国民が共にお祝いできないこと、大変心苦しいです。

    ただし

    2021年10月16日

     眞子さま、小室さん、私も、群馬のTさんと全く同じです。

     ご結婚、本当に、おめでとうございます☆☆☆
     お二人の幸せを願い、祈っています。
     ずっと、ずっと、お幸せであられますように。

    基礎医学研究者

    2021年10月16日

    山本一太が出てきた瞬間、いやな予感がしたのですが、あの議員は意見がふらふらしたオポチュニストだったと思います(ついでにいうと、愛知県知事の大村 秀章にも同様の素質が。。。)。やはり信念を持っているかは大切であり、それは数とは直接関係ないと、改めて思う次第でございます。

    愛知(の知事もダメ)のT

    2021年10月16日

    この程度の事でオタオタして法的措置まで取ろうとする権力者である知事と、国民からの総バッシングに反論せずグッとこらえ我が道を進む皇族、眞子さまとの対比は、両者の品格に大きく差をつけますね。
    誰にも訴えれない孤独を想像すると胸が痛みます。せめて国民が支えなけれればならないと改めて思いました。

    京都のS

    2021年10月16日

     山本一太氏と言えば、よく「朝生」に出ていた自民党内ポチ保守論客でした。強いアメリカ様(あるいは親米を望む有権者)に逆らうことは絶対しませんでした。群馬県知事となった今も県民の世論には逆らわず、県民が「ワクチンを皆に打て」と言ってたら打たせ、県民の怒りが小室母子や秋篠宮家に向いていたら、それも放置ってわけですね。嘆かわしいです。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。