アメリカに発たれるお二人へ

Post's thumbnail

小室さん,眞子さま

拝啓 秋晴の候,お二人はアメリカでの新生活に胸躍らせておられるとお喜び申し上げます.

私はかつて少しの間海外に暮らしていました.しかし,日本の文化,礼儀正しく優しい人々,そしてそれらが育んで

きたおいしい食べもの・料理がどうしても恋しくて帰国しました.私が帰国前そのように思い焦がれていた日本の礎

には皇室の皆様の存在があり,これからも日本に皇室があり続けることが日本の国柄を豊かにする,そのように,再

び深く感じております.

今はお二人自身のご結婚を慶び,幸せを願う国民の声が届きにくいかもしれません.しかし,そのような国民が多く

いるのは間違いありません.将来,日本にお二人がお戻りになるまでには必ず,この地が愛おしく温かい故郷である

と思っていただけますように,日本の底力を信じる一国民として,できることを模索してまいります.

海の向こうよりお見守りください.

どうぞお元気で. 敬具

文責: 京都府 uki

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    のりたま

    2021年10月30日

    同感です。
    お二人にとって、日本が嫌な思い出ばかりの国になってしまうこと、本当に悲しく思います。

    ねこまる

    2021年10月30日

    同意です。
    「愛おしく温かな故郷」を目指しましょう。

    基礎医学研究者

    2021年10月30日

    まったくukiさまの言われる通りかと思います。特に最後の部分、「将来,日本にお二人がお戻りになるまでには必ず,この地が愛おしく温かい故郷であると思っていただけますように,日本の底力を信じる一国民として,できることを模索してまいります」激しく同意であります。そのためには、「皇室典範」が改正され、安定継承への道が開かれなければならない、と思います。そして、その第一歩として、愛子さまを皇太子に!

    ダダ

    2021年10月30日

    同感します!
    この日本に、お二人の居場所を作りたいです!!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。