眞子さまと小室さんへ

Post's thumbnail

眞子内親王殿下と小室圭氏のご婚約内定についての記者会見(平成29年9月3日)
出典:宮内庁HP https://www.kunaicho.go.jp/activity/activity/03/gokekkon/konyaku-kisyakaiken.html

眞子さま 小室さん

ご結婚の日取りがお決まりになり、
大変嬉しく思います。
心からお祝い申し上げます。

本来ならばこの時期はご結婚と新生活の準備で「こうしようか、ああしようか・・」と、人生の最も幸せな時のはず。
なのに眞子さまは複雑性PTSDを発症された。

お二人は何年も心無いバッシングを(ご両親までも)受け続けられたのです。
感情を持つ人なら心を病んで当然です。
執拗なバッシングは常軌を逸していると感じます。
しかもお二人は「反論ができない」。
残酷で醜悪な「集団イジメ」そのものです。

思い起こせば上皇后陛下も皇后陛下もご病気になられました。
ご病気にさせてしまったのは私たちです。

平成五年のお誕生日に際して、美智子さまは以下のように述べられています。

「(前略)事実でない報道には,大きな悲しみと戸惑いを覚えます。批判の許されない社会であってはなりませんが,事実に基づかない批判が,繰り返し許される社会であって欲しくはありません。(後略)」

皇后陛下お誕生日に際し(平成5年)
出典:宮内庁HP https://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h05sk.html

眞子さまも小室さんも「人」です。「ロボット」ではありません。

ほんの一片でも眞子さまのお気持ち、今まで国民のために一生懸命働いてくださったことに思いを馳せるなら、悪意に満ちたバッシングはできないはずです。
眞子さまが伴侶として選ばれた小室さんも努力の人です。
立派だと思います。

私たちは愚か。
天皇、皇室の方々に自分たちの意のままに動いてくれる役割を求め、そこから少しでも外れると叩き始めるのです。
バッシングは「狂気」と「暴力」そのもの。

眞子さまと小室さんへの一種のリンチのように思えます。

眞子さま、小室さん

堂々とお二人の人生を歩んでいってください。

日本を離れられることに一抹のさみしさを覚えますが、
お二人のお幸せを心からお祈りいたします。

文責 京都府 ユディト

前の記事 
次の記事 

6 件のコメント

    チャチャ

    2021年10月26日

    眞子さま、小室さん、ご結婚本当に本当におめでとうございます!
    会見拝見しました。
    小室さんの『眞子さんを愛しています』で涙、新聞の一面の眞子さまと佳子さまの抱擁で涙です!
    繰り返し仰ってた『事実でないことが事実として扱われる恐ろしさ』に一国民としてとても心が痛かったです。
    お二人がこの結婚のためにどれだけ身を削ったのかわかる一言でした。

    今後はせめて心穏やかに過ごしてほしい。
    そして幸せになってほしい。
    心からそう願わずにはおれません。

    ねこまる

    2021年10月26日

    「私たちは愚か」
    本当にそうですね。
    でも、今まで移動の自由がなかった眞子さまが、愛する伴侶と外国暮らし、というのもまた幸せな事だと思います。
    我々だけでも祝福を送りましょう!
    眞子さま、今までありがとうございました。

    ダダ

    2021年10月26日

    美智子さまのお言葉をご紹介して頂きありがとうございました。
    前略部分の「どのような批判も自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います。今までに私の配慮が充分でなかったり、どのようなことでも、私の言葉が人を傷つけておりましたら、許して頂きたいと思います」に驚きました。これにご紹介のお言葉が続くわけですから、バッシング連中には到達不可能な精神です。

    眞子さまへのバッシングは皇室全体へのバッシングです。
    悪意に果敢に立ち向かった眞子さまを尊敬します。今までありがとうございました。

    2021年10月25日

    天皇陛下の姪であられる眞子内親王とその婚約者がこれほどの酷い異常なバッシングを受け続けられた。
    そして眞子さまはPTSDを発症された。婚姻に伴う皇室儀式・公的行事は全て行われない。
    私は憤りで震えてしまいます。
    同時に、深くお詫びしたい。眞子さま、小室さん、皇室に。
    こんなに苦しまれたのに、何の力にもなれなかったのか、と。
    美智子さまは失声症になられた。
    雅子さまは適応障害で,現在も治療継続中。
    そして眞子さま。
    全ての発端は、事実に基づかない雑誌記事だ。皇室バッシングは売れるのだ。喜ぶ読者がいる。無知で愚かな者達の群れが自らを顧みる事なく、バッシングに加担する。

    いつまでこんなことを許していくのか、私たちは。
    大好きなお姉様がバッシングに苦しむ姿を見てきたきょうだいの佳子内親王、悠仁親王はどう思われただろうか。
    皇位継承順位の実質的な筆頭である悠仁親王。姉をとことん苦しませた国民の為に、象徴の地位を継いで下さるだろうか。祈ってくださるだろうか。
    私たちは皇室を戴く資格があるのだろうか。
    上皇陛下ご夫妻がそうであったように、
    今上陛下もそうであるように、
    眞子さまも純愛を貫かれた。
    それが嬉しい、涙が出るほど嬉しい。
    明日皇族を離れられる眞子さま、
    国民のひとりとしてお詫び致します。
    そして謹んでお祝い申し上げます。
    眞子さま、小室さん、
    ご結婚おめでとうございます。
    末長くお幸せに。

    基礎医学研究者

    2021年10月25日

    ユディトさまが言われる、”眞子さま、小室さん、堂々とお二人の人生を歩んでいってください。”これが全てかと思われます。自分は、お二人のお幸せをお祈りしております。

    ただし

    2021年10月25日

     眞子さま、小室さん、ご結婚の日取りがお決まりになり、心より、祝福させていただきたく存じます。
     おめでとうございます。

     お二人の幸せをお祈りいたしております。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。