愛子さまのお誕生日を迎えるにあたって

Post's thumbnail

12月1日は愛子さまの誕生日で、もう成人となられる日が来ているのですね。
不甲斐ない日本人のせいで、皇室典範にある不合理を正せていなく、愛子さまが皇太子になる事の障壁となっています。

私は愛子さまが誕生された時はそれほど皇室に興味を持っておりませんでした。
しかし年齢を重ね、大人として成長する事で天皇陛下、皇室、皇統に興味を持ち、自分が死んだ後も日本に天皇(皇室)が残って欲しいと思う様になりました。

来年は愛子さまが成人となって迎えられる年です。
愛子さまが皇太子になられたら、祝賀ムードで嫌な事は纏めて吹き飛ぶと思っています。
是非、皇太子になられたお姿を見てみたい。
皇統がこれからも続く道筋を確立させて欲しい。

私の切なる願いです。

自分自身で出来る事は少ないですが、愛子さまを応援するサイトにブログを投稿する事が国民の皆様に届けられる唯一の方法ですので、これからも続けていきます。

兵庫県/会社役員/47歳
HN:愛子さまを皇太子にし隊・隊員1号

前の記事 
次の記事 

2 件のコメント

    基礎医学研究者

    2021年11月27日

    心に響きました。わたくしもブログ投稿者様同様に、国民の一人としてこの状況をふがいない思っております。私も52歳となりふと考えることがありますが、自分がこの世から去った後も天皇制が存続してほしい、そしてその第一歩として、愛子さまが皇太子になられるお姿を見たい、と心から思う一人であります(それが実現するべく、国民の一人として行動していきたい、と心を新たにした次第でございます)。

    ダダ

    2021年11月27日

    女性天皇を拒む男系派は今だけ、自分だけ、でしか考えていませんよね。
    隊員1号様の「自分が死んだ後も日本に天皇(皇室)が残って欲しい」は、歴代天皇の思いではないでしょうか。
    皇室典範の改正に向けて、私も微力ながら皆様と協働して戦っていきます!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。