高森明勅氏の『「女性天皇」の成立』を読んで感じたこと

Post's thumbnail

 高森明勅氏の『「女性天皇」の成立』を読みました。特に皇位継承をめぐる皇室の問題が深堀りされており大変勉強になりました。この本を読んで私が感じた皇室をめぐるポイントは大きく3つあると思います。

一つ目は、今の政府は皇室の安定的な継承に関して真剣に検討せず、現状維持のまま先送りにしようとしていること。

 例えば、政府は約一年前に、「立太子の礼」のごとく「立皇嗣の礼」を行いました。政府の言い分では、これは秋篠宮殿下が次の皇位継承者であることを内外に広く示すものとのことです。
 しかし、そもそも傍系の皇嗣は継承順位の変動がありうる立場であり、にも関わらず立皇嗣の礼を行うことは、今の継承順位を維持する政府の意図が見え隠れしていると高森氏は指摘しています。

二つ目は、今まで何度も指摘されていることではありますが、歴史的に見て男系ではなく双系こそが日本の伝統であるということです。

 実際、女性天皇は歴代8人おりましたし、決して単なる間に合わせの存在ではありませんでした。
 文武天皇・持統天皇の時代に制定された『大法令』では明確に女性の継承も認めているとのことです。男系のみという縛りはたかだか明治の時代に制定された歴史の浅いルールにすぎません。
 また、高森氏の、元正天皇は女系天皇であったという指摘は大変驚きました。当時の基本法は『大宝令』ですが、即位当時においては女系天皇とみなされていただろうというのです。

三つめは、政府のみならず国民全体の皇室の安定継承に関する危機感が欠如しているということです。

 確かに、世論調査では女性・女系天皇を支持する声が多くを占めていますし、多くの国民が愛子様が天皇になれられることに違和感を感じていないのは事実でしょう。
 しかし一方で、実際の政府内の動きではまったくそれに向けた動きは見られず、先送りの繰り返し状態なのに、それに関して国民が大きな声を上げているようには思えません。政府が真剣に取り組まないのも、やはり国民が皇室に関することを政府に丸投げにしている姿勢も大きな要因ではないでしょうか。
 現上皇陛下が生前退位された時、国内は祝賀ムードに包まれましたが、これにより実質の皇位継承者が悠仁さまお一人であるということに危機感を抱いた国民は果たしてどれほどいたでしょうか。

 眞子さまや小室圭さんをめぐる一連のバッシングにしても、皇室というものが国民にとって一種のエンターテイメント化している感も否めません。
 政府のみならず、国民全体がもっと真剣に皇室の未来について考えていくべきではないでしょうか。

文責:熊本県 リョービン

前の記事 
次の記事 

3 件のコメント

    基礎医学研究者

    2021年11月23日

    リョービンさまの論考は、高森先生の上記著書の見事なまとめであります。ここでポイントとして挙げられた中でも、特に1番目が最も憂慮すべきである、と私見では思います。皇太子が現時点ですでに3年弱存在しない状態が続いているのに、あたかも(皇嗣)という次の継承者はいるので問題なし(?)のような錯覚を起こさせるような行為は、大問題なのではないかと思います(これは、皇族の方々の政治利用になっているのでは?)。
     しかしながら、「いまそこにある危機」は確実に存在し、それゆえ我々国民はそれに正面から向き合うべきだと、改めて思った次第です。

    京都のS

    2021年11月23日

     皇室を水や空気のように感じている一般大衆は多いと思われます。陸水が豊富な日本では水は無料ですから湧き水は無料であり、かつ当たり前に存在するものと思っています。同様に皇室も当たり前に存在してきたため、皇族方の不断の努力によって維持されていることを知りません。
     しかも現在では皇室も権力の一部だと勘違いされているため、テキトーに叩いてやるのが国民として正しいとすら思っていそうです。政治屋は選挙民に「皇族も権力者」と思わせ、彼らの批判の矛先を分散させたいと思っています。国民に不満が高まっている時には、皇族は恰好のスケープゴートとなり得ます。コロナ自粛の憂さ晴らしとばかりに、皇族関係者としての小室圭氏をワイドショー・週刊誌、及び視聴者・読者・ネットユーザーが叩きまくり、眞子様をPTSDに追い込みました。まさにエンタメ化です。
     やはり我々には皇室を戴く資格などありません。

    ダダ

    2021年11月23日

    有識者会議の清家座長が発言した「既に確保されている安定的な皇位継承を揺るがしては本末転倒」
    リョービン様が仰るように皇嗣は流動的な立場ですので、安定的な皇位継承は何も確保されていません。
    立皇嗣の礼には、有識者会議を支配した政府の悪意が見えます。秋篠宮殿下がお気の毒です。

    元明天皇(母)から元正天皇(娘)の皇位継承なので女系ですよね。
    これを男系派は元正天皇の父親(草壁皇子)が天武天皇に繋がるから男系と主張していますが、継承の基準を天皇から父親へ移行させているので論外です。

    国民に危機感がないのは事実ですが、諦めるわけにはいきません。私たちで声を上げていきましょう!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。