愛子さまゆかりの地、皇居東御苑

令和3年11月3日。雲一つない快晴のこの日。
明治天皇誕生日でもある日に皇居東御苑に伺いました。
7月22日にも伺ったのですがその日は急遽解放無し。
リベンジに成功したというわけです。
東西線大手町駅で下車。
パレスホテル東京のフロアを通りぬけ、
目の前の横断歩道を渡ったそこが皇居東御苑です。
入場は無料。熱を計って消毒をして入場します。

入った瞬間から皇居、というより江戸城内の印象。
各大名も通ったであろう大手門から入城します。

大手門写真

どこのお城でもそうであろう曲がりくねった道を
登っていくと江戸城跡。
かつては大奥など様々な建物が建っていたのでしょうが
草野球なら4面は取れるくらいの広々とした緑の広場
ピクニックのようにお弁当を食べている一家もいました。

広場写真

江戸城本丸に登ると石垣しか残っていないてっぺん
ではありますが東京の街を見渡すことができました。
少しだけ天下をとった気分を味わうことができます。

帰りにお土産物店によってお買い物。
ここでしか買えない皇居限定お財布を買って帰りました。
写真撮影は禁止、というのもこちらで買った財布などを
ネットオークションで高値で売る人がいるとのこと。
なので付箋の写真だけ添付させていただきます。

付箋写真

天気の良い日に伺ってみてはいかがでしょうか。
真夏の暑い日は避けた方が良いかと思いますが。
結構歩きがいがありますので。

東京都新宿区 焙煎珈琲店主

前の記事 
次の記事 

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。