秋篠宮殿下のお誕生日によせて(祝福、反省、および希望)

Post's thumbnail

このたびは、お誕生日おめでとうございます。国民の一人として、お慶び申し上げます。

さて、まずお子様である眞子さま(現:小室眞子さん)が無事ご結婚されたことは、国民として大変喜ばしいことでありました(私にも娘がおりますが、同じ父親として“喜ばしいお気持ち”を共感できるものです)。しかしながら、一方で憂慮すべきことも書かねばなりません。このご結婚をめぐり、心無い多数の国民が、夫となられた小室圭さんをめぐり、他者が関与すべきでない事柄に対してバッシングに加担してしまった結果、眞子さまがPTSDを患う自体にまで発展したことに、大変憂慮致しました。そして、最終的には、「納采の儀」が執り行われることはなく、また「一時金の支給」も眞子さまがご辞退される、という本来の伝統とは異なる形で結婚が執り行われてしまったことには、一国民として断腸の思いであります。

これは僭越ながら、おそらく秋篠宮殿下が本来は決して強く望んでいなかったと推察される「立皇嗣の礼」が敢行されたことにも、大きく関係しております。

すなわち、すべては「皇室典範」の不備により起こった事柄である、と一国民として愚考しております。

したがって、我々国民ができますこと、および強く望むことといいますのは、皇位が安定継承されるために「皇室典範」が改正され、「女性宮家の創設」さらには「直系長子優先」への道を開くことに他ならないと思います。現在「皇嗣」のお立場をやっていただいておりますが、秋篠宮殿下におかれましては、“今後安定継承への道が開かれるところを是非見ていただきたい!というのが、一国民としてのメッセージであります。

ともあれ、本日は大変喜ばしい日でありました。

文責: 大阪府 基礎医学研究者

前の記事 
次の記事 

3 件のコメント

    基礎医学研究者

    2021年12月1日

    てるてる様
    コメントありがとうございました。その通りかと思います。お慶びだけを申し上げられなかったのは自分としては申し訳なく思っておりますが、秋篠宮殿下におかれましては、今後をみていただきたいと、思う次第です。

    ダダ様
    コメント、恐縮です(m_ _m)。おっしゃられる通りかと思います。自分は、“お慶び”の言葉の中に公的な気分を表現しましたが。。。ダダ様の最後に書かれた「皇室の願い、安定的な皇位継承を実現させましょう!」、激しく同意であります。

    ダダ

    2021年12月1日

    皇室典範改正に反対の立場であれば、上皇陛下の生前退位のお言葉は出てきません。そして、過去の天皇陛下(皇太子時代含む)の記者会見から、上皇陛下の考えを天皇陛下・秋篠宮殿下は共有されていると拝察します。
    皇室の願い、安定的な皇位継承を実現させましょう!

    てるてる

    2021年11月30日

    秋篠宮殿下、お誕生日おめでとうございます。
    お誕生日を前にして、眞子さまのご結婚に関して、様々なご心労をおかけしてしまったこと、国民の一人として申し訳なく思っております。

    皇室典範が改正され、日本の伝統である双系継承が復活し、皇位継承が安定的なものとなるよう、一国民として努力して参ります。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。