愛子様がお生まれになったときの気持ち

私が、愛子様を初めて意識したのは、いつだったろうか。 お生まれになったとき、白い肌着に包まれた赤ちゃんを、それはそれは嬉しそうに、雅子様がお抱えになっていたときだろうか。
もっと直接、愛子様ご本人を意識したのはいつだったろう。多分、12月1日が愛子様のお誕生日だと知ったときである。

その日は、私の息子の誕生日でもあるのだ。

愛子様がお生まれになるまで、雅子様は大変な道のりを経て母親になられた。私の妻も、流産を乗り越え、やっと今の息子を授かることができた。愛子様がご両親からどれほど望まれ、この世に生を受けたか。僭越ながら、当時のご両親のお気持ちを想像すると、今も涙がこぼれる。
勝手ながら、毎年の息子の誕生祝いと同時に、愛子様のお誕生日も私たち夫婦は心の中でお祝い申し上げている。

(関西在住、40代、男性)

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。