皇室・皇族への気持ち、改めて。

Post's thumbnail

師走が過ぎる中、皇室の事を考えた際、
色々な方の
皇室や皇族に対しての気持ちが
入り混じった、
1年だったなと改めて感じました。

例えば、眞子さま、愛子さまを親心に似た
感じで心配され、
皇室の未来を憂う想い、
あるいはこの先に皇室の未来を創るべく
行動して、眞子さまや愛子さまに尽力を
尽くす想い。

それとは逆に、
皇室を軽視し、又は無関心な形で、
自分の世界だけな思い。
はたまた、権威と権力を履き違え、
他者を思う心を忘れて眞子さまや愛子さま達に仇を成す思い。

色々と視えた流れの中、
私の思いは、
赤心を忘れるなかれ!自分中心から
出て、公とは何か、考え行動せよ!
でした。


今まで思うだけで、傍観者ではなく、
まだ無名で、在野の身ですが、
これからも愛子さまや眞子さま達を想い、
行動しようと気持ちを改め、思いを載せました。


一年の計は早めに。                                           気持ちと行動も早めに。

文責:神奈川のY。

前の記事 
次の記事 

4 件のコメント

    ただし

    2021年12月20日

     思い立った時に行動に移せる人が、ことを成す人だと、漫画家の小林よしのり先生のアシスタントをやられている時浦さまが、兼好法師の徒然草を紹介するブログの中で、学びました。本当に、その通りだと感じております。
     自分も、日々、精進して参りたく存じます。

    ダダ

    2021年12月17日

    今年は眞子さまのご結婚と愛子さまの成年行事があり、忘れられない年となりました。
    お二人に限らず、皇室の皆様には幸せになって頂きたいですよね。
    行動すれば必ず道は開けます!
    今後とも宜しくお願いします

    基礎医学研究者

    2021年12月17日

    興味深く読ませていただきました。”赤心(まごころ”、確かに中国の後漢の故事で、「赤心を推して人の腹中に置く」とありますが、継続して思い続けることは、重要でございますね(それは、神奈川のY様もおっしゃうように、傍観者から行動する人につながると思います。そして、こういうことはいきなり思い立って始められることではなく「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり」の諺通り、日常的に考えを巡らせることが重要である!自分にとっても、良いリマインドとなった次第です。

    てるてる

    2021年12月17日

    眞子さま、愛子さまに限らず、皇室の方々に敬愛の想いを持ち、その想いを元に知識、情報を収集して行動する人々。
    自分のことしか考えず、その自分を慰撫してくれる情報しか信じようとせず、あろうことか皇室の方々に弓引く発言、行動を取る人々。

    いろいろな人がおられますが、真心、誠意を忘れずに、行動、発信していきたいと思いました。
    ありがとうございました。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。