【速報】立憲民主党と西村幹事長にエールを

Post's thumbnail

12月22日、皇位継承問題に関する有識者会議より最終報告が提出されましたが、

案の定皇族数の確保という点に逃げ込んでしまっており、

安定的皇位継承に寄与するものとは到底思えないものとなってしまいました。

そんな中、23日に下記のニュースが飛び込んできました。

産経新聞  立民幹事長、皇位継承報告を批判「論点すり替え」
https://www.sankei.com/article/20211223-HPIPWMWHZ5PZFGJ5EDCTKBJBRE/

こちらのニュースでは、

”立憲民主党の西村幹事長は上記の有識者会議の報告に対して

「結論も方向性も示さず」と不満を示し、

「安定的な皇位継承という先延ばしできない課題を先延ばしている」と主張。

「有識者会議は皇族数減少にかかる課題に論点をすり替えた」として、

課題解決を検討する委員会を党内に設置し、議論を始める方針を明らかにした。”

とあります。

西村幹事長は野党第一党のナンバー2であり、

前回12月9日に紹介させていただきましたとおり岸田首相へ

”女性・女系天皇、女性宮家創設も検討せよ”

と質問をしてくださった方です。


そして、有識者会議の今回の報告を受け、党内でも議論を始め

課題解決に取り組む姿勢を今回明確にしていただきました。


皆様も、西村幹事長を応援し安定的皇位継承を、

愛子皇太子誕生のためにともに声をあげていきましょう!

文責 山梨県 jakcer

前の記事 
次の記事 

13 件のコメント

    uki

    2021年12月27日

    西村智奈美幹事長,今ここでおかしいことをおかしいと,ズバッと声をあげていただく勇気,心意気素晴らしいです!
    幹事長起用時の会見も見ました.
    「立件民主党がもう1回 国民のための政治
    これを行う政党であるということをしっかりと皆様にお示しできるように」
    まさに,現在の,未来の「国民のための」皇統問題です.

    今後も要注目ですね.しんどい日常の中で,応援できる議員が増えたことは喜びです.twitterもフォローします!

    小新斜馬

    2021年12月27日

    いいぞ立憲!それでこそ、まっとうな政治やあー!

    タルト

    2021年12月27日

    立憲民主党に、準備委員会設立について、大いに期待していますと、応援メッセージを送りました。

    てるてる

    2021年12月27日

    西村幹事長、素晴らしい!
    皇統問題については、立憲民主党を応援します!

    BATA

    2021年12月27日

    立憲民主党の西村幹事長の指摘はまっとうですね。
    皇統問題に関しては立民は期待できますね。
    応援します!

    星空

    2021年12月26日

    立憲民主党と西村幹事長にメッセージを送りました。応援してます。

    ダダ

    2021年12月25日

    立憲民主党は動きが早いですね!
    当然、応援します!!

    しろくま

    2021年12月24日

    有識者会議の報告に対して西村幹事長の批判は真っ当な意見です。これから党内で課題解決に向けて安定的皇位継承の議論を展開する事を応援します。党を超えて他の議員達も西村幹事長と一緒に問題解決に向けて進めていって欲しいです。

    基礎医学研究者

    2021年12月24日

    力の入った速報、ありがとうございました。確かに、この案件に限っては政党を越えた政治家の力(必ずしもそれ以外の政策が一致していないとしても)が必要となってくるのは間違いないので、西村議員のような心ある政治家がふんばれるよう、我々国民(真の尊王主義者)が熱量を伝えていかなければならない、と思う次第です。

    urikani

    2021年12月24日

    有識者会議の最終報告は安定的な皇位継承には繋がらない、酷いものでしたね。
    立民西村幹事長のニュース記事のご紹介、ありがとうございます!
    党内で委員会を立ち上げるとのこと、本気で取り組んで下さるのではと期待しています。
    応援します!(*^ω^*)

    かずず

    2021年12月24日

    論点すり替えまったくもってその通り!政治家の皆さん、日本が日本でなくなりますよ!!頑張って下さい!

    京都のS

    2021年12月24日

     ①女性皇族が結婚後も公務を担う、②皇族の血を引くとされる男系男子を現存宮家に養子として入れる、という2案では皇位の安定継承に全く寄与しません。西村幹事長の質問は、これぞ「国会議員の仕事」です。

    だふね

    2021年12月24日

    立憲民主党、コロナ対策では"へなちょこ"ですが、皇室存続の危機にあっては頼りになる政党ですね。
    国対委員長には馬淵澄夫氏もいらっしゃいます。上皇陛下の「生前退位」を実現させたように、今後も立憲民主党には真の公僕としての動きを期待しております。
    西村幹事長には、高市早苗氏とちがって、皇室への正しい知識と現実感、勇気と度量があります。同じ女性なのに、なぜこうもちがうのか?

    永らく皇室の方々を苦しめる男系主義者は、以下のようなコメントを寄せています。(敢えて不穏な書き方をしますが)いずれ腹を切ってお詫びしていただきたい。
    https://www.sankei.com/article/20211222-6WUNCQN2CZPRJHUSJMX4AAWXEM/

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。