有識者会議の報告から、安定的な皇位継承について考えた。

Post's thumbnail

皆さま「魁!!男塾」をご存知ですか。

宮下あきら先生が描いた

剣桃太郎、大豪院邪鬼などが登場する

「硬派なギャグ漫画」です。

漫画の中にでてくる「民明書房」という出版社の文献は

「〇〇は古代中国の〜」と始まり、

もっともな話を載せているので、

私は小学生の頃「中国ってすごいんだな」と思い、

教科書を売っているような県内で1番大きい本屋に

「民明書房」を探しに行ったことがありました(恥ずかしい話です)

私が民明書房がフィクションだと気付くには

それから3年近くかかり、

中学生の時に

羅惧美偉(ラグビー)の起源は〜

とまことしやか書かれていて、

「ん?ラグビーって、

イングランドのラグビー校から始まったって

体育の授業で習ったよな」と疑問に持ち、

そこから友人に聞くと

「民明書房っていっても漫画の話だよ」と言われ、

確かにそうだよなと考え直しました。

先月岸田総理に渡された有識者会議の報告を読んで、

多くの方が、

「ん?女性皇族と結婚した方は国民なのに女性は皇族のままって?」

「そのお子様は皇位継承権がないって?」

「どこに住むの?」

「配偶者は政治活動していいの?」

「そもそもそこまでして男系継承にこだわる理由は?」

「悠仁さままで皇位継承が決まってるって本当なの?」

「なんで愛子さまに皇位継承されないの?養子まで必要?」

「この制度で皇室は続くの?」

「有識者は、このことを上皇さまに面と向かって報告できるの?」

と疑問に思い、

安定的な皇位継承について考え、

一緒に行動してくださる方が増えることを願っております。

文責 群馬県 ふぇい

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    ねこまる

    2022年1月6日

    あの報告書は「天皇は男じゃないとイヤダ~」という拘りが前提となっていますよね。
    「ただの男が皇族になるのもイヤダ~」というのも入っています。男系とか言い訳でしょう。
    とてもガッカリする内容です。
    こういう男尊女卑の人々に皇室を潰されないように、声をあげていきましょう。

    タヒガシ

    2022年1月6日

    男塾なつかしいですね。私も民明書房は実在してるものだと男塾を読んでいた時は信じていました。フィクションと知り、今読むと民明書房の文献にツッコミを入れてしまいます。有識者会議の報告も国民が「アホか」と総ツッコミを入れないといけませんね。

    ただし

    2022年1月5日

     確かに、民明書房並みに「ん?」「ん?」と思うことだらけですね。有識者会議の方々も、岸田首相も、なんと言いますか、恥ずかしくないのでしょうかね。

     私が「魁‼男塾」の民明書房が無いって知ったのは、ほんの数年前です…。

    基礎医学研究者

    2022年1月5日

    非常に興味深く読ませていただきました(^_^)。まさか、ここに男塾が出てくるとは思わなかったので、びっくりしました。成程、「硬派なギャク漫画」、はなかなか見事な定義です(きっと作者の意図とは違うと思いますが(笑)。少なくとも、羅惧美偉(ラグビー)が出てきたころまでは、確実にそうだったでしょう。自分は、撲針愚(ボクシング)という言い方にも結構度肝を抜かれましたね(すごい当て字だと)。そして、恥ずかしながら自分も子供心に、当時「民明書房」なるものが実在しているものと、思い込んでいた一人で(;^_^A。閑話休題。

     ここでの教訓は明確で、古代から男系で天皇制が続いているのはすごい!と盲目的にいっているのと、同義でございますね(すこいのは、男系・女系区別なく、日本の歴史とともに皇位が安定継承されてきた、ということだと私見では思うのですが)。やはり、自分の国に関することは、正しい知識を身に着けてから考えよう!ということが、リマインドされた次第でございます。

    ダダ

    2022年1月5日

    男塾なつかしいです!
    羅惧美偉(ラグビー)は流石に無理ありますね^^
    でも男塾にはそれを信じ込ませてしまう勢い・凄みがあり、私も民明書房には騙されていました^^

    男系固執派の行動原理も似たようなものですね。
    男系継承が古来例外なく維持されてきた伝統と言われて、日本スゲー!と酔っているだけですから。

    ふぇいさんのご友人のように冷静な態度で臨みたいですね。
    安定的な皇位継承を実現させましょう!

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。