愛子さまへのお手紙

Post's thumbnail

愛子さまへ

成年されて初めてのお正月、

どのようにお過ごしになられましたか?

元旦のご公務での堂々としたお姿を拝見し、感動いたしました。

お顔の半分が見えなかったことが少々残念ではありましたが・・・

愛子さまが成年されて以降、

日本に住む誰もが

愛子さまのお姿を拝見する機会が増えました。

愛子さまをお慕い申し上げている

日本国民として、とてもありがたいことです。

そんな中、嬉しいことがあったのでお知らせしたく、

今日はお手紙を書かせていただきました。

職場の休憩時間の先輩との会話でした。

テレビで流れた番組をきっかけに

愛子さまの話題になりました。

数年前の宴席で先輩が、

「男系でずっと続いてきたってすごいよな。

一人の男のY染色体がずっと受け継がれてきたってことだろ?

死守しないとな!」

という様なことを言っているのを聞いてしまって以来、

先輩との間で皇室を話題にすることは避けてきました。

その先輩が、

「男系が伝統だって言ってても、

現実的に無理なんだったらなんとかしないとな。

成人された愛子さまのしっかりした姿を見たら、

女性でも天皇になってもらったらいいじゃないか

と思う様になった。」

と言うではありませんか。

ちょっと上から目線の言い方に

内心『おいおい』と思いましたが、

日本国民なら誰でも、愛子さまの放つオーラに圧倒され、

敬愛の気持ちを抱くのだな、と嬉しくなりました。

寒い日が続きますが、健やかな日々を過ごされることをお祈りいたします。

                              

文責:岡山県 てるてる

前の記事 
次の記事 

6 件のコメント

    てるてる

    2022年1月17日

    チコリさん
    ありがとうございます。
    神々しさに涙腺が刺激されましたし、同時にワクワク感も感じました!
    日本人としての感性が反応するのでしょうね。

    チコリ

    2022年1月16日

    感動しました。
    素晴らしいお話を、ありがとうございます。

    「日本国民なら誰でも、愛子さまの放つオーラに圧倒され、

    敬愛の気持ちを抱くのだな、と嬉しくなりました。」

    その通りだと思います。

    昨今の皇室バッシングの酷さに、
    果たして日本国民が皇室を戴く資格があるのか?という逡巡をどうする事も出来ませんでしたが、

    愛子さまご成人のお姿を拝見した時、その神々しさに、我知らず涙が滲んできました。
    愛子さまがいらっしゃる幸せが、不浄なすべてを一瞬に払い清めてしまい、愛子さまに皇太子になって頂いていいのだ!と確信したのです。

    てるてる

    2022年1月15日

    ダダさん
    ありがとうございます。
    先輩と同じように感じている日本人は多いと思います。
    明るい兆しが見えた気がしました。

    基礎医学研究者さん
    ありがとうございます。
    実は、自分も昔、天皇や皇室について興味を持ち始めたときは同じように思ってました。
    手に入りやすい知識が男系寄りだというのも原因かと思います。
    柔軟な思考の人々はたくさんいるはずなので、あらゆる方向に、出来うる限りのアプローチをしていきたいと思いました。

    ただしさん
    ありがとうございます。
    色々な人に届くような声を上げていきたいですね。

    ただし

    2022年1月15日

     とても、いいお話ですね☆♪
    (*^^*)

    基礎医学研究者

    2022年1月13日

    興味ぶかく読ませていただきました。なるほど、てるてるさんの同僚の先輩のお話をみるかぎり、自分も人のことは言えないところがあります(m_ _m)。かつて自分も、「すげ~天皇は男系でずっと続いてきたんだ~!」とか思っていた口でしたので(;^_^A。でも、実はすごかったのは、男系なのか女系かは関係なく、天皇制は日本の歴史と共に現在までずっと続いてきて、しかも歴史・伝統が継承されたたことだったのですよね。硬直な思考の持ち主にはもはや何も期待できませんが、そうでないならば意識を変えることができる、という良い見本を示してもらった次第でございます。

    ダダ

    2022年1月13日

    職場の先輩は日本人としての直感が働いたのではないでしょうか。
    愛子さまのお姿を見て、同じような感想を持った国民は多いと思います!
    私にとっても嬉しい出来事です。
    気持ちが明るくなるお話、ありがとうございました。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。