記事を見て、愛子さまを皇太子にと強く思いました。

Post's thumbnail

このような記事が配信されました。

「愛子さまを天皇に」は宮内庁から聞こえてこない?朝日新聞元編集委員が明かす
https://dot.asahi.com/wa/2020102900039.html

御厨貴氏と岩井克己・朝日新聞元編集委員が菅新政権と令和皇室の関係について対談しています。

御厨氏は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」座長代理でした。

記事を見ていただければわかることですが、このお二人は、肩書きは立派ですが、本当に皇室や皇位継承のことをわかってらっしゃるのか、尊皇心があるのか甚だ疑問です。

挙げたらキリがありませんが、岩井氏は、皇位継承順位の第1位が秋篠宮殿下、第2位が悠仁殿下に「確定」していると言ってますが、「皇嗣」は次の天皇と決まっておりません

当サイトのQ&AのQ4をご覧ください。
https://aiko-sama.com/q-and-a#question-1

そして岩井氏は、男子継承が危うくなったときに皇籍を離脱した元女性皇族に、「元内親王」や「皇女」の肩書きで公務などを手伝っていただく手段を特例法でもいいから考えると話しています。

君臣の別をどう思っているのでしょうか。

そして憲法に定められた職業選択の自由をどう考えているのでしょうか。

この岩井氏は、“15年後、天皇陛下は75歳、皇嗣殿下は69歳。悠仁さまは29歳、結婚の適齢期ですね。3方はご健在でしょうし、まだ崖っぷちとは思わない。”
と話しています。

ですが、現在の皇室典範だとこの時には女性皇族(愛子さま眞子さま佳子さま)は皇室を離れている可能性が高く、皇位継承が手遅れになることがわかってないようです。

御厨氏も陛下を“令和の天皇さん”など言っており、尊皇心のかけらも感じません

座長代理を務めた会議がどのようなものだったか容易に想像がつきます。

その後の、“宮内庁幹部から「愛子さまを皇太子に」という声が聞こえてこない”
という内容も伝聞が多く、信憑性に欠けるものが多いです。

しかしながらこの記事の中で「その通りだ」と思う箇所もあります。

御厨氏の話で、“安倍さんの場合、支持母体である男系思想の右の勢力への配慮が出てくる。しかし、菅さんにしがらみはない。男系男子のイデオロギー的傾倒はないでしょう”

現在8割以上の国民が女性天皇を待ち望んでいます

そして立皇嗣の礼が終了する11月8日以降本格的な皇位継承の議論が始まります。

安倍内閣は退陣しました。

現役閣僚からも声が上がってきています
https://aiko-sama.com/archives/3147

皇室の皆さまの望む皇位継承を私たち国民で叶えましょう。

皇室典範を改正し、性別に関係なく直系長子の継承とすれば、安定的な皇位継承に近づきます。

今できることは愛子さまを皇太子に!の声を集めて世論を動かすことです!

菅政権に訴えましょう!

皆さま愛子さま皇太子フィーバー見たくないですか?

私は見たい!

さぁ皆さま大きな声をあげましょう!

愛子さまを皇太子に!

文責 群馬県 ふぇい

前の記事 
次の記事 

3 件のコメント

    ただし

    2020年11月17日

    愛子さまを皇太子に!!!
    菅首相、日本の為に、どうか速やかに議論を始めて下さい!!!

    チコリ

    2020年11月8日

    わたしもみたい!です!
    なんとしても!
    愛子さまを皇太子に!

    有識者とか言われる人って、自分は偉いと大勘違いして、ヘーキで無知を晒すんですね。情けないですねー。恥ずかしいですねー。
    国のため、国民のために、祈る気持ちのかけらもないのに。
    何様なんですかねー。(すみません、怒りがとめられません)

    ダダ

    2020年11月7日

    両氏の上から目線の物言いには、不遜というか阿呆というか、何と言ったらいいのか分かりません。。
    皇嗣と皇太子の区別も出来ていないので、皇統に無関心なのでしょう。

    天皇陛下ご即位二十年に際し(平成21年)から抜粋。https://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h21-gosokui20.html
    将来の皇室の在り方については,皇太子とそれを支える秋篠宮の考えが尊重されることが重要と思います。二人は長年私と共に過ごしており,私を支えてくれました。天皇の在り方についても十分考えを深めてきていることと期待しています。

    その皇太子(現在の天皇陛下)と秋篠宮殿下が、皇室の在り方は時代によって変わることを公言し、直系継承を望んでいます。
    その気持ちには何としても応えたいですよね。
    ー愛子さまを皇太子にー

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。