女性オリンピアンから、愛子さま立太子を考える

Post's thumbnail

東京オリンピック女子100メートルハードル日本代表の
寺田明日香選手の記事を読みました。

BBM Sports【陸上】寺田明日香が違和感を持ちつつも「ママアスリート」として活動する理由

記事の中に出てくる通り、
たしかに「パパさんアスリート」という言葉は使われません。
「ママさんアスリート」と呼ばれるのは
圧倒的に人数がいなくて「普遍的」でないところから来てると考えられます。

そして記事の後半

日本人は、「大きな物を得るためにほかの物を捨てる」、ということをしがちに思いますが、「両方を得る」ためにどうしたら良いかを考えることは、決して悪いことではありません。”

これからも皇室が末長く続くために
「直系継承」「双系継承」
この両方を得ることが大事ではないかと考えました。
そして「男系継承」が、
「大きな物を得るためにほかの物を捨てる」対象になるとも思えません。

直系である愛子さまが皇太子になられるように
10月10日に議論する場所があります。

イベント名は「中四国ゴー宣道場」
テーマは「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」です。

皆さま是非皇位継承の議論に参加してみませんか?
詳細については
こちらのブログをご覧ください。
https://aiko-sama.com/archives/6319

ハードルを超えていってらっしゃる
女性のオリンピアンから
愛子さま立太子を考えました。

文責 群馬県 ふぇい

前の記事 
次の記事 

5 件のコメント

    ただし

    2021年8月29日

     男系継承は、帝国時代のわずかな期間にだけ必要だった、微々たるルールだったのだと思います。それ故、後にルール改変を出来る余白も、帝国憲法には残してあった。
    『直系継承』と『双系継承』の両方を得るために、皇室典範改正を実現させましょう!

     愛子さまを皇太子に!

    てるてる

    2021年8月16日

    素晴らしい記事のご紹介、ありがとうございます。

    『誰かが壁の向こうに進んだ瞬間、その壁はもう万人にとって壁ではなくなります。』

    困難に立ち向かう人の背中を押す言葉です。

    中四国道場の告知も、ありがとうございます!

    10月10日の中四国道場で、愛子さま立太子に向けてのエネルギーを更に高めていきましょう!

    道場のお申し込みはこちらです↓
    https://www.gosen-dojo.com/application/

    基礎医学研究者

    2021年8月16日

    興味深く読ませていただきました。確かにふぇい様が取り上げた記事における”両方を得る方法を考える”というのは、どちらかというと西洋人の発想かと思います(私見では、”一得一失あり”という考え方は、日本人の美徳でもあると思われるのですが)。ただし、皇位継承におけるふぇい様のご意見には、大いに共感できた次第でございます。

    かずず

    2021年8月16日

    『日本人は、「大きな物を得るためにほかの物を捨てる」、ということをしがちに思いますが、「両方を得る」ためにどうしたら良いかを考えることは、決して悪いことではありません。』こういう考え方で、物事を進めと、もっと良い人生や良い世の中に繋がると思いました。

    ダダ

    2021年8月16日

    記事のご紹介ありがとうございました。すごく良い記事でした!
    アスリートの精神はスポーツだけでなく日常にも落とし込めますよね。
    目標設定、挑戦、協力、後世への影響・・・etc。

    皇室問題もスポーツの視点で考えるとシンプルなものです。
    10/10のゴーセン道場、是非ご参加ください!!
    ※※ 応募締切は8/17(火)ですので、ご留意ください ※※

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。