上皇陛下のご意向、「愛子天皇」しかなくてビックリ!

Post's thumbnail


上皇陛下のお誕生日に際し、(ご在位時の)皇位継承についてのご意向が伺えるご発言等をまとめてみたのですが、

ビックリするくらい「愛子天皇」に向かうものばっかりでした!

● ご意向が反映された平成17年・有識者会議

平成17(2005)年11月24日、小泉政権下で設置された「皇室典範に関する有識者会議」は、女性・女系天皇を認める最終報告書を提出しました。
(報告書全文のDLはこちらから(PDF))

このとき、有識者会議のメンバーの一人は、会議は陛下のご意思に沿った結論に達したという認識を示しています。

会議には宮内庁から次長が出席しています。次長がやおら立ち上がって何か言い出せば、それは天皇のご意思でしょうから大変なことでしょうが、幸いそれはありませんでした。
次長の顔色を見る限り、会議全体がご意思に反してとんでもない方向に行っていることはないと考えています
(『新・天皇論』p171、「週刊文春」05年12月8日号の引用)


そして、直後のお誕生日記者会見で、「伝統の一大転換」という表現を使った記者からの問いに、
陛下は直接の回答を控えつつ、
女性皇族の重要性
雅子さまのご快復への願いと共に、
「国民と苦楽をともに」することが伝統であるとのご自身のお考えを表明されて、
暗に報告書を支持するお答えをされました。

問3 皇室典範に関する有識者会議が,「女性・女系天皇」容認の方針を打ち出しました。実現すれば皇室の伝統の一大転換となります。陛下は,これまで皇室の中で女性が果たしてきた役割を含め,皇室の伝統とその将来についてどのようにお考えになっているかお聞かせください。

天皇陛下
皇室の中で女性が果たしてきた役割については私は有形無形に大きなものがあったのではないかと思いますが,皇室典範との関係で皇室の伝統とその将来についてという質問に関しては,回答を控えようと思います。

私の皇室に対する考え方は,天皇及び皇族は,国民と苦楽を共にすることに努め,国民の幸せを願いつつ務めを果たしていくことが,皇室の在り方として望ましいということであり,またこの在り方が皇室の伝統ではないかと考えているということです。

女性皇族の存在は,実質的な仕事に加え,公的な場においても私的な場においても,その場の空気に優しさと温かさを与え,人々の善意や勇気に働きかけるという,非常に良い要素を含んでいると感じています。その意味でも皇太子妃の健康が現在徐々に快方に向かっていることは喜ばしく,一層の回復を待ち望んでいます。

(宮内庁HPより引用:https://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h17e.html


● 典範改正頓挫 皇統の将来を案じ、ご体調を崩される

陛下のご意向が反映された小泉・有識者会議報告書を安倍晋三が白紙に戻す暴挙。

皇室内では、三笠宮崇仁さまと寛仁さまが男系固執を主張。
崇仁さまは、陛下に直接ご見解を質されるようなこともされたそうです。
https://www.sankei.com/article/20161210-LWMVUXTVTJKLRAZRIQHB4FWI2U/6/ 三笠宮さま薨去に際して、竹田恒泰の回顧記事。とても不愉快ですが。)

そのような中、平成20(2008)年12月、陛下はご体調を崩されます。

このとき、羽毛田信吾・宮内庁長官(当時)は定例会見で、「私見」としつつ次のような発言をしています。

ご自身のお立場から常にお心を離れることのない将来にわたる皇統の問題をはじめ、皇室にかかわるもろもろの問題をご憂慮いただくというようなご様子を拝して参りました。
宮内庁長官、定例会見での発言要旨(朝日新聞DIGITAL、平成20(2008)年12月11日)

悠仁さまがお健やかにご成長されていて、
男系派に言わせれば皇統の危機は去っていたはずなのに、
なぜご体調を崩されるほどに
将来の皇統問題を悩まれていたのでしょうね??


● 皇太子と秋篠宮の考えを・・・

ご体調を崩された翌年、ご即位20周年に際しての記者会見では、羽毛田長官の「私的な所見」も踏まえて次のような応答がされています。

問2 両陛下にお伺いします。両陛下はこの20年,常に国民と皇室の将来を案じてこられたと思いますが,皇室についてはこの先,皇族方の数が非常に少なくなり,皇位の安定的継承が難しくなる可能性があるのが現状です。昨年末の天皇陛下のご不例の際,羽毛田信吾宮内庁長官はご心痛の原因の一つとして「私的な所見」と断った上で「皇統を始めとする諸々の問題」と発言し,皇室の将来を憂慮される天皇陛下の一面を明らかにしました。両陛下は皇室の現状,将来をどのようにお考えでしょうか。皇太子ご夫妻,秋篠宮ご夫妻を始めとする次世代の方々に期待することも交えながらお聞かせください。

天皇陛下
皇位の継承という点で,皇室の現状については,質問のとおりだと思います。皇位継承の制度にかかわることについては,国会の論議にゆだねるべきであると思いますが,将来の皇室の在り方については,皇太子とそれを支える秋篠宮の考えが尊重されることが重要と思います。二人は長年私と共に過ごしており,私を支えてくれました。天皇の在り方についても十分考えを深めてきていることと期待しています。

(宮内庁HPより引用:https://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h21-gosokui20.html

有識者会議のときの「伝統の一大転換」に対しては回答を控えられたのに、
今回の「皇室の現状」はハッキリ認められています。

その上で、

・国会の論議任せでなく、
・男系固執を主張している三笠宮さまでなく、
・当時の皇太子さまと秋篠宮さまのお考えを尊重するよう

明確に求めておられます。

有識者会議直後のご回答とはまるで様子が異なります。

男系派は、これでも陛下のご意向は分からん、というのでしょうか?


● 退位のご意向とともに示されたメッセージ

平成28(2016)年8月8日、ビデオメッセージが公表されましたが、そこで語られていたのは退位のご意向だけではありませんでした。

伝統の継承者として,これを守り続ける責任に深く思いを致し,更に日々新たになる日本と世界の中にあって,日本の皇室が,いかに伝統を現代に生かし,いきいきとして社会に内在し,人々の期待に応えていくかを考えつつ,今日に至っています。

これまで私が皇后と共におこなって来たほぼ全国に及ぶ旅は,国内のどこにおいても,その地域を愛し,その共同体を地道に支える市井しせいの人々のあることを私に認識させ,私がこの認識をもって,天皇として大切な,国民を思い,国民のために祈るという務めを,人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは,幸せなことでした。

我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ,これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり,相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう,そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくことをひとえに念じ,ここに私の気持ちをお話しいたしました。

(すべて宮内庁HPより引用:https://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/12


大正天皇には、昭和天皇を始め4人の男のお子様がいらっしゃいました。

にも関わらず、わずか100年、4世代後には、男のご子孫は悠仁さまただお一人しかいらっしゃいません。

男系男子に限定している限り、安定的な継承など望めませんし、
女性を排除して旧宮家養子案や側室などに頼っていては、
伝統を生かし、国民と相たずさえてこの国の未来を築いていくことなど望むべくもありません。

国民の理解を得られることを,切に願っています。

(宮内庁HPより引用:https://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/12

これくらいのことも理解できない恩知らずな日本人がいるか!?


● 「愛子天皇」への個別のシグナル

小林よしのり先生は、風岡典之・宮内庁長官(当時)に呼び出されて、陛下の「愛子天皇」のご意向を伝えられました

● ノンフィクション作家・奥野修司氏によると、陛下ご自身が

ゆくゆくは愛子(内親王)に天皇になってほしい。だけど、自分も長く元気ではいられないだろうから、早く議論を進めてほしい

と仰っていたといいます。(奥野修司氏、『天皇の憂鬱』新潮新書、高森明勅先生ブログにて紹介)

竹内久美子は、『WiLL』2022年1月号に寄稿した文の中で、

2014年に天皇陛下に近い人物が「女性天皇の議論を進めて欲しい」と水面下で伝えてきたことがあった

という官邸関係者の言を(批判的に)紹介しています。
(笹幸恵師範ブログにて紹介)

● 先に取り上げた三笠宮さまの件も、麻生政権時代、「麻生総理の内奏の折に、天皇陛下が女性天皇・女系天皇を望んでいらっしゃることが伝えられた」という噂の真偽を確かめることが目的でした。

羽毛田信吾氏渡辺允氏(元侍従長)といった側近は、そろって女性・女系天皇や女性宮家を進めるよう発言しています。

上皇陛下が「愛子天皇」を望まれていると伺える情報は、
双系派、男系派に関わらず、
至るところから伝わってきています!


これだけあれば充分でしょう!

上皇陛下は「愛子天皇」を望まれている!
そのお考えは今上陛下、秋篠宮さまも引き継いでいらっしゃる!

私たちは皇室の望む「愛子天皇」を実現させて、
上皇陛下にご恩返しをいたしましょう!!


文責:静岡県 L.K(40代、男性、「愛子天皇への道」運営メンバー)

※サムネイル画像出典:
宮内庁HP 令和4年上皇陛下のご近影(お誕生日に際し)
https://www.kunaicho.go.jp/activity/gokinkyo/01/r04-1223-ph.html


● 「皇室のご意向」関連ブログ

14 件のコメント

    くりんぐ

    2022年12月25日

    上皇さまは、直系長子優先の双系継承の実現を今も強く願われている。

    その願いを男系固執派は反日反天皇の旧統一協会のために踏みにじり続けている。
    それがどうしようもなく許せない。

    一刻も早く、愛子皇太子を国民の手で実現しましょう!

    magome

    2022年12月25日

    ツイッターのリンク先紹介、失念してしまいました。申し訳ありません。https://twitter.com/magome211/status/1606865879769436164

    magome

    2022年12月25日

    L.K様 上皇陛下の心からの苦悩を改めて思い知る事となりました。上皇陛下のお気持ちを纏めていただき感謝します。本記事をブログ内に留まらせておくのはあまりにも惜しいと思い、僭越ながらツイッターで紹介させていただきました。少しでも広く、国民に知れ渡る事を望んで。

    jacker

    2022年12月24日

    一日でも早い愛子天皇実現を!

    京都のS

    2022年12月24日

     平成17年の有識者会議最終報告書が出されたのは11月24日ですか。何らかの因縁を感じる日付ですね。11月23日は新嘗祭(最も重要な皇室祭祀の日)で、11月25日は三島由紀夫が割腹自決した日(三島は有名な天皇主義者)です。その間に挟まれた日付ですから。

    京都のS

    2022年12月24日

     これは一大叙事詩という趣すら感じられる物語です。読み進めれば結論が一つに絞られてくるのは必定です。ココまで明らかな皇族方の御心を無視できる輩は、カルトへの信仰心や忠誠心あるいは地位とカネに絡めとられているからでしょうし、マスコミ人を含む国民の各種世間が「伝統の魔術性」に囚われているからでしょう。しかし、そろそろ人民ならぬ国民は目覚めなければなりません。
     愛子様を皇太子に!皇室を戴くに相応しい国民に!そして、愛子天皇を戴くために!

    ダダ

    2022年12月24日

    L.Kさん、まとめありがとうございました。
    男系継承のご意向など、全くありませんね。
    これで分からない国民は、反日カルトの信者・協力者に間違いありません。

    上皇陛下「自分も長く元気ではいられないだろうから、早く議論を進めてほしい」
    ・・・令和の有識者会議報告書には、さぞかし落胆したと思います。本当に申し訳ないです。
    私たちが国民が出来ることとして、愛子さまを皇太子に! ですね。

    れいにゃん

    2022年12月24日

    断片的だと思っていた「愛子天皇」への御意志が、ここまで明確に国民に向けて発信されていたとは!改めて上皇陛下のお悩みに対し反応が鈍い国民として、申し訳ない気持ちで一杯です。素晴らしいまとめをありがとうございます。愛子さまを皇太子に!

    だふね

    2022年12月23日

    平成17年の有識者会議当時、私は「双系でこそ皇位の安定的継承が図れる」という事実を、まだ明確にわかっておりませんでした。
    皇室への敬意はあるのに、上皇陛下がお悩みになられていたことに思いを致さなかったこと、国民として非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
    雅子さまや天皇陛下も、どれほど苦しまれていたかも、後になって知りました。
    安倍元首相は、あの世で自分のしでかしたことを反省してください。
    ニセモノの権威に群がる恥知らずな輩は、私たちが一掃しましょう!!

    殉教@中立派

    2022年12月23日

    L.Kさん、時系列の的確なまとめ、とても助かります。

     ここまで「判断材料」があるとなると・・・男系派の本音は「上皇陛下は間違っている、我らの唱える『男系継承』が上だ!」というものであり、(小林先生が指摘するように)逆賊の思考でしょう。
     大正天皇、明治天皇は「主体的な変化の意志」を実現し、現代への礎を創って下さいました。ここでも詔承必謹、上皇陛下の「変化への意志」が第一。その変化こそが「伝統を守る事」だと、素直に信じる事が出来ます。
     浅薄な連中の妨害を跳ね除け、心ある国民と私達で、実現していきたいです。

    よっしー

    2022年12月23日

    凄い「まとめ」ですね。
    ありがとうございます(^^)
    皇室のご意志は愛子天皇一択!
    間違いありません。
    なんとしても愛子天皇を実現させましょう!!

    ふぇい

    2022年12月23日

    皇室の意思を叶えるのが臣民です、
    どう考えたって、愛子さまを皇太子にが
    上皇さま、陛下、皇室の意思でしょう。

    男系個室の根拠は「伝統だから」くらいしか言えないでしょう。
    その「伝統」こそ因習です。
    すぐにでも皇室典範改正。

    #愛子さまを皇太子に

    基礎医学研究者

    2022年12月23日

    さすが!という言い方は偉そうな言い方で恐縮ですが、素晴らしい”まとめ”ありがとうございます。私自身、ぼやっとしていたことも多かったので、非常に助かりました。そして、L.Kさん言われるように、上皇様の望みは「愛子天皇」、その道が開かれることが「皇室の弥栄」につながる、です(文藝春秋2022年12月号の安倍秘録③のような論調の支持者に聞かせてあげたい内容であります)。

    突撃一番

    2022年12月23日

    政治家含め、国民は陛下の願いを裏切り続けた。
    本当に申し訳ないと思う。

コメントはこちらから

全ての項目に入力が必須となります。メールアドレスはサイト上には表示されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。